tyoshikawa1106のブログ

- Force.com Developer Blog -

SFDC:日時型をSOQLクエリで条件指定するときに注意すること

日時型をSOQLクエリで条件指定するときに注意することについてです。例えば作成日を条件に取得するようなケースがあたります。 日時型はSalesforceを普通に操作するような場面では下記のように表示されます。 「2019/09/19 7:10」 ですがApexなどでシステム…

SFDC:テストクラス判定できるTest.isRunningTest処理をつかったメンテナンス性の向上について

Apex開発でTest.isRunningTest処理を使ったメンテナンス性の向上についてです。 Salesforce Developers Apex開発を行ったときにはテストクラスの作成が必要になります。テストクラスをきちんと作成することで既存処理への予期せぬ影響に気づけたり、実装した…

SFDC:Apexバッチの数分おきに繰り返し実行を試してみました

Apexバッチを指定の時間や定期的に実行したい場合は、スケジュールバッチの仕組みを使って対応します。スケジュールバッチは「implements Schedulable 」を宣言したクラスを用意することで作成できます。 Scheduleクラス Connectクラス 上記のようなクラスを…

SFDC:Apexで日付の曜日部分を取得する方法

Apexで日付の曜日部分を取得したいときは、一度日時型に変換して「.format('E')」の処理で取得できます。 // 月曜日 Datetime day1 = Datetime.newInstance(2019, 9, 9); System.debug(day1.format('E')); // 火曜日 Datetime day2 = Datetime.newInstance(2…

SFDC:関連レコードコンポーネントで商談に取引先の項目を表示するを試してみました

関連レコードコンポーネントをつかって商談に取引先の項目表示を試してみました。取引先の説明項目は自由入力のための項目で、補足や注意事項などユーザがメモしたい情報が登録されます。 商談のページに取引先の説明項目が表示されると商談のページのみで作…

SFDC:関連レコードコンポーネントで商談に取引先の項目を表示するを試してみました

関連レコードコンポーネントをつかって商談に取引先の項目表示を試してみました。取引先の説明項目は自由入力のための項目で、補足や注意事項などユーザがメモしたい情報が登録されます。 商談のページに取引先の説明項目が表示されると商談のページのみで作…

SFDC:Dreamforce 2019の登録サイトがオープンしました

Dreamforce 2019の登録サイトがオープンしました。 https://www.salesforce.com/dreamforce/ 開催期間は現地時間で11月19日(火)〜11月22日(金)です。 18日(月)はDreamforceの前日ですが参加を証明するバッチの受付が開始されます。(Registration and Badge P…

SFDC:組織で個人取引先を有効化しているかの判別方法

個人取引先はB2Cの顧客情報を管理するための仕組みです。Salesforceのサポートに問い合わせを行い有効化してもらうことで利用可能になります。この機能を有効化後に法人取引先か個人取引先か判別したい場合はIsPersonAccount項目で判別できます。 これで法人…

SFDC:ユーザ編集権限とinsufficient access rights on cross-reference idエラー

ユーザ編集権限とinsufficient access rights on cross-reference idエラーについてです。Apexで処理の自動化の仕組みを構築する場合は下記のエラーが発生することがあると思います。 INSUFFICIENT_ACCESS_ON_CROSS_REFERENCE_ENTITY, insufficient access r…

MacBookと外部ディスプレイを繋げてマルチディスプレイ環境の構築をやってみました

自宅のPC環境でMacBookと外部ディスプレイを2台接続してマルチディスプレイ環境の構築をやってみました。 購入したディスプレイはPhilipsの23.6インチのディスプレイです。なんとなくPhilipsの商品で探していたときにAmazonでセールをしていたので買ってみま…

SFDC:Salesforce Surveysによるアンケート機能の実装を検討してみました

Salesforce Surveysによるアンケート機能の実装を検討してみました。検討の結果要件を満たせないという結論になったのですが、Salesforce Surveysで何ができて何ができないのかざっくり確認できたのでまとめておきます。 Salesforce Surveysとは Salesforce…

SFDC:VSCodeとSalesforce Extensionsの新機能 (July 2019)

VSCodeとSalesforce Extensionsの新機能 (July 2019)です。 Salesforce IDEs: July 2019 Updates | Developer Force Blog VSCodeによるSalesforce開発環境についてはこちら。 任意の組織に対して開発する ちょっと前まではDevHub組織で用意したスクラッチ組…

co-meeting もくもく会#19に参加しました

8月10日に開催されたco-meetingもくもく会に参加しました。 もくもく会スケジュール だいたいこんな感じのスケジュールとなってます。 10:00-12:00:もくもくと作業 12:00-13:00:お昼ご飯 13:00-18:30:もくもくと作業 18:30-20:30:打ち上げ やったこと Sa…

SFDC:Visuaforce開発の種類について

Visualforce開発の種類についてです。Visualforceはapexタグという独自タグを使わないと行けないイメージが定着していますが、いろんな方法で開発が可能になっていますので紹介します。(下記の名前部分は説明用に勝手につけたやつ) Visualforce Classic apex…

SFDC:VSCodeとApex開発でGitコマンド実行を試してみました

VSCodeにはTerminalのWindowが用意されているのでここからGitコマンドを実行できます。Terminalのウィンドウを開いてディレクトリ情報を確認するとこんな感じ。 プロジェクトファイルをgit管理したいときは「git init」コマンドをそのまま実行すれば良さそう…

SFDC:Lightning Design Systemのslds-text-titleとslds-text-title_capsの違いについて

Lightning Design Systemでページタイトルするときはslds-text-titleまたはslds-text-title_capsを利用します。 Ligtning Design Systemのサンプルコードをそのまま使うとおそらく上記のように英字が大文字に変換される形で表示されると思います。これは「sl…

SFDC:Spring'20のロゴ投票が開始されたみたいです

Salesforceのバージョンアップ恒例、ロゴ投票が開始されていました。 投票はTrailblazer Communityから。 https://t.co/VnZoQYjE8D

SFDC:データローダバッチ開発時に意識すること

CSVファイルを取り込んでSalesforceに登録したり、SalesforceのデータをCSVファイルの形式で出力したりできるデータローダというツールがあります。このデータローダはバッチモードで実行することができ、これによりデータ連携処理の自動化が実現できます。 …

SFDC:VSCodeからJSforceをつかったSalesforceへのアクセスを試してみました

VSCodeではTerminalの機能が利用できるようになっています。そのためエディタで作業しながら必要に応じてCommand Lineで処理を実行できます。Salesforce APIを実行できるJSforceというライブラリがありますが、この機能と組み合わせると便利そうだったので少…

SFDC:VSCodeとSFDXコマンドを使ってSalesforce組織のブラウザ起動を試してみました

Salesforce Platformでの開発はVSCodeとSalesforce Extensionsを使って行えます。VSCodeで開発中にSalesforce組織にアクセスしたなと思ったら下記のコマンドでブラウザを起動してアクセスできます。 > SFDX: Open Default OrgMacの場合はcmd + Pでコマンドメ…

SFDC:最新のデータローダ利用時に注意すること

CSVデータをSalesforceに取り込める便利ツールのデータローダですが、バージョン45.0から仕様が少し変わってOpenJDKバージョン11のインストールが必要になりました。 このOpenJDKバージョン11をWindows環境で利用する場合、Zuleのサイトからmsiファイルをダ…

SFDC:Salesforce Extensions for Visual Studio Codeを試してみました

MavensMateのサポートが終了した後も意外とそのまま使えていたので利用していたのですが、先日の最後のアップデートでご利用ありがとうございましたメッセージが表示されるようになりました。 ということでやろうと思いつつできていなかったVS Codeをつかっ…

SFDC:Apexによるメール送信処理とSandbox有効化時の送信設定について

Salesforce組織内でApexによるメール送信処理が存在している場合の注意点です。Sandbox組織を有効化した時点では組織からメール送信が実行できないようになっています。このままにしておくとApexのメール送信処理実行時に下記のようなエラーが発生します。 S…

SFDC:Lightningページのリッチテキストコンポーネントを試してみました

Lightningページのリッチテキストコンポーネントを試してみました。 検索ボックスでリッチと入力するとヒットします。 テキストは自由に入力でき、文字サイズや色も指定できます。 こんな感じでページ内に埋め込むことが可能です。 カードとして表示のチェッ…

SFDC:Chatterグループ作成とメール通知の一括設定を試してみました

Chatterグループ作成とメール通知の一括設定についてです。 グループに対してメンションするとグループメンバーに通知が行きますが、メール送信に関しては別途設定が必要です。 各ユーザが私の設定でChatter→メール通知のページからメール送信をONにする必要…

SFDC:データローダv.46.0のインストールを試してみました

個人PCにインストールしていたデータローダのバージョンが38.0でだいぶ前だったので再インストールを試してみました。 気づいたらインストールページに手順のリンクが追加されていました。 zipファイルの解凍方法の記載もありましたがそこは普通に解凍して大…

SFDC:レポート登録機能によるメール送信と受信者のロール指定について

レポート登録機能のメール送信と受信者のロール指定についてです。サポートに問い合わせして教えてもらいました。 Lightning Experience でのレポートへのユーザ、グループ、ロールの登録 レポートの登録でメール受信者を設定できますがロールや公開グループ…

SFDC:Lightningメールテンプレートを試してみました

Lightningメールテンプレートを試してみました。 設定メニューに用意されていますがそちらはフォルダおよび拡張共有の有効化ができるだけみたいです。Lightningメールテンプレートの作成はアプリケーションランチャーのメールテンプレートから作成できます。…

SFDC:HAVINGクエリによる重複データの抽出を試してみました

HAVINGクエリによる重複データの抽出についてです。 Salesforce Developers 特定のデータが2件以上存在するデータの抽出はレポートのサマリレポートでレコード順で並び替える方法で対応するこことができたのでよく使ってました。 関係無いデータも表示されま…

SFDC:Salesforceカレンダーの和暦表示と令和対応

令和対応されてました。