tyoshikawa1106のブログ

- Force.com Developer Blog -

MEMO:THE MODEL(ザ・モデル)を読んでみました

Twitterで話題になっていたTHE MODEL(ザ・モデル)のKindle版を読んでみました。 THE MODEL(MarkeZine BOOKS) | 翔泳社の本 マーケティングオートメーションに興味があったときに、マルケト社の代表の方が書いた本ということで気になって買ってみました。(…

SFDC:Pardot導入時の初期設定手順のメモ

Pardot導入時の初期設定手順のメモ。(知らなくても基本的には開発ベンダーに作業依頼して対応してもらえると思う。) Pardot ウェブセミナー Pardotの概要 Salesforce社のマーケティング・オートメーションツール。 ホームページに訪れた履歴 顧客の興味度の…

SFDC:Pardotメモ

Pardotの歴史 2012年 Salesforce社が買収 米Salesforce.com、ExactTargetを買収。関係各社の反応は? - リード研究所 blog 2017年 日本語版を提供開始 セールスフォース・ドットコム、MAツール「Salesforce Pardot」日本語版を提供開始:MarkeZine(マーケジ…

SFDC:LEXでも動くVisualforce&Apex開発のサンプルコードを作ってみました

Lightning Experienceでも動くVisualforce&Apex開発のサンプルコードを作ってみました。Lightning Design SystemとAngularJS 1をつかったサンプルコードになります。 Javascirpt Remotingベースの開発について Salesforce Platform上での開発はVisualforceと…

SFDC:Lighntingコンポーネントのリファレンスサイト

Lighningコンポーネントを開発するときの参考サイトが用意されています。 Component Library カルーセルとか便利なコンポーネントのサンプルもありました。 たぶんコピペで動かすことができると思います。 Lightning Web Componentのサンプルもありました。

SFDC:Lightning地図コンポーネントの作成を試してみました

Lightningコンポーネントの開発でGoogleマップを呼び出したいときのためにlightning:mapタグが用意されています。 Lightning 地図コンポーネントと Apex の継承された共有の使用 単元 | Salesforce Trailhead Towerオブジェクト作成 カスタムオブジェクトで…

SFDC:apex:iframeタグと$IFrameResourceの使い方

Visualforceページでirameを埋め込むときにはapex:irameタグが用意されていますが、iframe を使用した信頼されないサードパーティコンテンツの参照したいときのために$IFrameResourceという呼び出し方が用意されているみたいです。 https://developer.salesf…

SFDC:Winter'19で新規および変更されたApex処理

メソッドが新規追加された既存の Apex クラス Schema.DescribeFieldResult クラス isAiPredictionField() Einstein 予測データを表示するように項目が有効化されているかどうかを示す Boolean を返します。 Schema.DescribeFieldResult F = Opportunity.Stag…

SFDC:Lightningアプリケーションビルダーとコンポーネントの表示設定

Lightningアプリケーションビルダーとコンポーネントの表示設定についてです。 アクセスするユーザの情報を条件にコンポーネントの表示・非表示をアプリケーションビルダー側の設定で制御できます。 条件指定はこんな感じ。(※アプリケーションページの場合) …

SFDC:クイックテキストの設定を試してみました

クイックテキストはテキストエリアの項目などに定型文を差し込むことができる機能です。きまった文章を入力することが多い場合に活用できます。特定の値を差し込むこともできるみたいです。(メールテンプレートみたいなイメージ) この機能は設定で有効 / 無…

SFDC:商談フェーズとレコードタイプの関係

商談はフェーズ管理を正しく整理、設定することでユーザが次に何をすればいいかを可視化することができます。 フェーズを設定するとフェーズごとに入力フォームのレイアウトを切り替えたくなるかもしれません。後半のフェーズに関する項目に値を入力するとき…

SFDC:メールテンプレートでレコードURLを差し込む方法

レコード登録時に社内向けのメールアラートを作成するときにレコードURLを差し込みたい場合があると思います。そんなときのためにメールテンプレートの設定で差込項目を選択する際に「詳細リンク」という項目が用意されています。 詳細リンクをつかうことで…

SFDC:データ登録時に複数メールを順番に送信する方法

Salesforceにデータを登録する際に同じ宛先に複数のメールを順番に送信する方法についてです。あまり無いケースだと思いますが、必ずメールAが受取人に届いたあとにメールBを送りたいといった要件が発生したときの対応方法です。複数送信ということでパッと…

SFDC:個人取引先とデータの操作

SalesforceでB2C向けの顧客管理を行うときは個人取引先を使用します。 個人取引先のデータは取引先オブジェクトに格納されます。取引先責任者の標準項目はPerson〜というAPI名でアクセスできます。 Accountオブジェクトにクエリを投げると値を取得できます。…

SFDC:Salesforce World Tour Tokyo 2018に参加しました

2018年12月05日(水)に開催されたSalesforce World Tour Tokyo 2018に参加しました。場所は東京ビッグサイトです。 会場に入ると受付前にセキュリティチェックのゲートがありました。早めの時間に行ったためかスムーズに通ることができました。 セキュリティ…

SFDC:リードの取引開始と個人取引先について

リードの取引開始ボタンをクリックすることで、リードに登録された情報を元に取引先、取引先責任者、商談を作成することができます。B to C向けの個人取引先の場合はどうなるのかなと検索したところ、ヘルプに記載がありました。 リードの取引開始に関する考…

SFDC:個人取引先の取引先名を数式で取得

個人取引先を利用する際に少しハマった話。商談に紐付く取引先名を数式で取得しようしたら値が空の場合がありました。個人取引先の場合は「Account.Name」では取得できないみたいです。 こうやって取得できます。 IF(Account.IsPersonAccount, Account.LastN…

SFDC:商品スケジュールのデータの持ち方

商品スケジュールのデータの持ち形についてです。Apexでは次のような感じでINSERT処理を実行できます。※実際にはループ処理の中でINSERT処理しちゃだめです。 上記処理の結果、画面にはこのように表示されます。収益の値が5000のデータを3件登録したので1500…

SFDC:商談の商品と共にコピーする機能と商品スケジュールについて

現在、Lightning Experienceでは利用できないため、なくなる機能の可能性がありますが、Salesforce Classicでは商談コピー時に商品も一緒にコピーのメニューが用意されています。 商品も一緒にコピーした場合は、商品スケジュールも一緒に作成されます。 こ…

SFDC:Salesforceアプリのテキストを送信を試してみました

Salesforceアプリのテキストを送信を試してみました。取引先のページレイアウト設定を行うと確認できますがテキストの送信という標準アクションが存在します。 このアクションは配置してもPCの画面では何も表示されません。 ですがSalesforceモバイルアプリ…

SFDC:個人取引先と住所項目

個人取引先を有効化すると取引先オブジェクトに個人取引先用の項目が追加されます。API名がPersonとついているものがそうです。個人取引先用項目というと少し特殊な感じがしますが、取引先責任者の項目を取引先側で参照可能になるという感じです。 取引先と…

SFDC:売上予測の目標の登録を試してみました

Sales Cloudユーザ向けの便利機能、売上予測の目標データ登録を試してみました。 この機能を利用するには設定で有効化する必要があります。 目標の登録方法の詳細はヘルプにまとめられています。 コラボレーション売上予測の目標データの読み込み 売上予測の…

SFDC:Force.comサイトとページビュー制限について

Force.comサイトとページビュー制限についてです。Force.comサイトはSalesforceにログインせずに外部からアクセスできるWebサイトを構築できる仕組みです。 JP:Sites FAQ - developer.force.com 基本的にあまり気にする必要はありませんが、月に表示可能な数…

SFDC:WebサイトへのForce.comサイトページの埋め込みを試してみました

SalesforceのVisualforceページを外部に公開したい場合はForce.comサイトを仕組みを使用します。ページ全体をForce.comサイトで開発できるときは話が簡単ですが、既存のWebサイト内にある入力フォームだけをForce.comサイトで構築したい場合は少し検討が必要…

SFDC:System.assertEqualsのエラーメッセージ指定を試してみました

Apexのテストクラス作成時にはSystem.assertEqualsを使って想定された結果となっているかをチェックできます。下記の場合はエラーメッセージを格納する変数の値が空白値となっているかをチェックできます。 System.assertEquals(String.isEmpty(result.error…

SFDC:商品を商談に追加するようユーザに促す機能を試してみました

商品を商談に追加するようユーザに促す機能を試してみました。この機能を有効化すると商談作成後に商談商品の登録画面が表示されるようになります。商談の設定画面で有効化できます。 商談を作成する 価格表の選択画面が表示される 商品の選択画面が表示され…

SFDC:Dreamforce2018 - サンフランシスコ移動ログ

Googleマップのタイムライン機能で移動ログを取得できました。ところどころGPSの記録がおかしくなっている部分がありましたが、だいたいこんな感じでした。サンフランシスコに到着後、空港と市内への移動 (BART) と会場からヒルトンホテルへの移動 (シャトル…

SFDC:Dreamforce2018 - 番外編「Clipper Card」をつかってみました

サンフランシスコ国際空港到着後に市内へ移動するにはタクシー、UBER、BARTといくつか選択肢がありますが、今回はBARTを利用しました。 BARTの切符購入をしようと思ってポチポチ操作していたところ、以前見た紙の切符ではなくClipper Cardがでてきました。(3…

SFDC:Dreamforce2018 - 番外編「スーパー 8 ユニオン スクエア」に宿泊しました

Dreamforceに参加する際に個人的に一番悩むことになるのが宿泊するホテルの予約です。5泊前後と約1週間近く滞在が必要になることもありますが、イベント期間中のサンフランシスコのホテル代が軒並み高めお値段になるためです。今回はそんな中比較的安かった…

SFDC:Dreamforce2018に参加しました - Day 4

現地時間で9/28 (金) - Dreamforce 2018のDay 4でした。この日がDreamforceの最終日でした。 最後の日ということでサンフランシスコを満喫しようと少し早めにホテルを出て朝食を食べに行きました。 エッグベネディクトが美味しいSears Fine Foodというお店で…