tyoshikawa1106のブログ

- Force.com Developer Blog -

SFDC:Lightningメールと必須チェック判定

Lightningメールと必須チェック判定についてです。Lightnignメールの送信コンポーネントはページレイアウト設定で追加できますが、デフォルトでは件名など一部の項目が必須項目として扱われていません。 必須項目にしたい場合はグローバルアクションのレイア…

SFDC:Lightningメールで商談メール送信を試してみました

Lightningメールで商談メール送信を試してみました。商談に関する定形メールを送付できる便利機能です。 最初にやっておくのはこちら。商談に取引先責任者の情報を紐付けます。(標準では取引先責任者ロールのオブジェクトで紐付けますが今回は主となる一人の…

SFDC:Lightningメールテンプレートの署名の差し込みを試してみました

Lightningメールテンプレートの署名の差し込みを試してみました。共通のメールテンプレートを用意しつつ各ユーザごとに任意の署名を差し込める便利機能です。Winter'20からできるようになったみたいです。 リリースノート 事前の設定 初期設定として私の設定…

SFDC:Apex開発で「SandboxPostCopy」インターフェースを試してみました

Apex開発で「SandboxPostCopy」インターフェースを試してみました。SandboxPostCopyインターフェースはSandboxを作成もしくは更新時に任意のApex処理を実行できる機能です。 SandboxPostCopy インターフェース 今回は数式項目内で現在の組織が本番環境かSand…

SFDC:組織IDをつかった本番組織とSandbox組織の判定について

組織IDをつかった本番組織とSandbox組織の判定についてです。Sandbox組織では数式の値をテスト用に変更したかったので組織IDをつかってフラグを用意してみました。 IF($Organization.Id == '00DX0000000XXXX' ,true ,false ) これでSandbox組織作成時に値を…

SFDC:Apexで数値項目の文字数取得を試してみました

Apexで数値項目の文字数取得を試してみました。項目の文字数取得に関してですが「テキスト型」項目の場合は次のように「.Length」で取得できます。 // テキスト型はLength()で取得可 Schema.DescribeFieldResult F = Account.Site.getDescribe(); Integer le…

SFDC:Apex開発で日付型や数値型をテキスト型に形式指定で変換する方法について

日付型や数値型をテキスト型に形式指定で変換する方法についてです。テキスト型に変換するだけなら「String.valueOf」関数で対応できます。 日付型をString.valueOf関数でテキスト型に変換すると「2019-12-08」のようにハイフン区切りで変換されます。 Apex…

SFDC:ユーザ管理レポートの一般ユーザへの共有を試してみました

ユーザのレポートなど管理レポートの情報はデフォルトでは一般ユーザが参照することはできないようになっています。 Help | Training | Salesforce こんな感じでユーザレポートを作成しても・・・ システム管理者権限のないユーザの場合はレポートの情報にア…

SFDC:カスタムレポートタイプの参照先項目表示を試してみました

カスタムレポートタイプを作成するときに参照先項目を表示できる設定を試してみました。 カスタムレポートタイプ作成 活動は表示できますが、活動の参照先の項目は選択できない状態です。 ここから設定。 活動の設定では取引先の項目を参照できました。 追加…

SFDC:Dreamforce2019 - まとめ

Dreamforce2019の記事のまとめです。

SFDC:Dreamforce2019 - Last Day (11/24)

11月24日(日)。Dreamforceのためにサンフランシスコに来て滞在最終日となりました。 ホテルのチェックアウト→サンフランシスコ空港へ 7:40頃にホテルのカフェでゆっくりしてから9時頃にチェックアウトしました。 チェックアウトは受付でルームキーの返却など…

SFDC:Dreamforce2019 - 番外編「Clipper」をクレジットカードでチャージする方法

昨年、Dreamforce2018に参加した際にBART乗車時に切符ではなく、SUICAのように繰り返しチャージして利用できる「Clipper」カードを発行して利用できるようにしていました。 昨年利用した時は現金チャージのみでの利用だったのですが、今回はクレジットカード…

SFDC:Dreamforce2019 - 番外編「バーリンゲーム」を観光しました

2019年11月23日(土)。Dreamforce2019が終わった翌日です。当初の予定ではこの日の飛行機で日本に向けて出発したかったのですが、飛行機の予約を後回しにしてしまった結果、チケットを予約できませんでした。・・ですがが日程を一日ずらすだけで飛行機のチケ…

SFDC:Dreamforce2019 - 番外編「カリスタオーガニックホテル」に宿泊しました

Dreamforce2019の期間中はブッシュストリートにあるカリスタオーガニックホテル(Calista Organic Hotel)に宿泊しました。Dreamforceの会場まで徒歩40分ぐらいの位置にあるホテルです。 Hotels Near Union Square | Official Website | Calista Organic Hotel…

SFDC:Dreamforce2019 - Day4 (11/22) 

2019年11月22日(金)、Dreamforce2019の4日目で最終日です。せっかくなので会場に行く前に朝食を食べにSears Fine Foodというお店に寄りました。 searsfine food san francisco パンケーキやエッグベネディクトなどが美味しいお店です。今回はパンケーキを注…

SFDC:Dreamforce2019 - Day3 (11/21)

2019年11月21日(木)、Dreamforce2019の三日目です。 主要なセッションは初日と二日目で実施されていたというのもあり、朝はブログを書いたりなどゆっくりすごしていてホテルを出たのは9時過ぎでした。 出発前に事前に登録していた予定はこちら。今回はほとん…

Heroku:データインテグレーションサービス『Xplenty』について教えてもらいました

Salesforceと別のシステムのデータ連携について調べていたところ、TwitterでHerokuに「Xplenty」というアドオンがあることを教えてもらいました。 Xplenty - Add-ons - Heroku Elements MuleSoftを導入するほどの規模の連携ではないときに、検討先の候補とし…

SFDC:MuleSoftの導入検討のポイントについて教えてもらいました

MuleSoftはシステム間のデータ連携を行うときに複雑な連携処理を開発しなくてもクリックベースで連携の仕組みを構築できる製品です。 Salesforce integration solutions | MuleSoft 日本語の情報はこちら。 MuleSoft : すべてのアプリ、データ、デバイスをつ…

SFDC:カレンダーへのデータ表示について

カレンダーへのデータ表示についてです。日付項目を持っているオブジェクトの場合はカレンダーにデータを表示できます。私のカレンダーから追加します。(その他のカレンダーは人やリソースのカレンダー用です。) 表示条件を指定するにはリストビューを用意す…

SFDC:承認申請の通知の表示について

承認申請の通知の表示についてです。申請時メール送信の仕組みを用意しておくのが多いですが、ちょっと気付ける仕組みがあればいいというときは何も設定しなくてもChatterで通知が行きます。 あとはホームのページに表示しておいても便利。 ホームに表示して…

SFDC:通貨の地域を指定する方法について

あまり触る機会もないのですっかり忘れていてアレっとなったのですが通貨の地域を指定するときはユーザの設定画面ではなく組織の設定画面になります。言語や地域はユーザ情報のものが反映されますが通貨の地域はユーザ情報では設定できません。 通貨の単位に…

SFDC:Lightning Experience のアプリケーション内ガイダンスを試してみました

Lightning Experience のアプリケーション内ガイダンスを試してみました。 Help | Training | Salesforce アプリケーション内ガイダンスの設定ページで設定できます。 標準プロンプトというのはこういう意味。 ページの一番下に参考動画とボタンが用意されて…

SFDC:Dreamforce2019 - Day2 (11/20) 

11月20日(水)ということでDreamforce2019の二日目でした。 事前の予定登録だと2日目の予定はこんな感じ。 朝8時のセッションに参加するにはホテルを7時頃には出れるようにしないといけなかったのですが、ちょっと間に合いませんでした。8時ちょっと過ぎに到…

SFDC:Dreamforce2019 - Day1 (11/19)

11月19日(火)はDreamforceの初日です。18日に参加者バッジ受け取りなどの手続きを行って本日からイベント開始となります。 朝は8時のブレイクアウトセッションから参加。 ・・・とスケジュールを立てていたのですが、朝二度寝して起きたら9:00頃でした。そこ…

SFDC:Dreamforce2019 - Day0 (11/18)

今年もDreamforce2019に参加できました。『11/19(火)〜11/22(金)』が開催期間です。本日11/18(月)はイベント前日で移動と手続きの日になってます。 成田空港→サンフランシスコ 空港までは高速バスを利用しました。荷物が多いときに混雑した電車で移動するよ…

SFDC:Trailheadのモバイルアプリ『Trailhead Go』を試してみました

Trailheadのモバイルアプリ『Trailhead Go』を試してみました。Twitterで知ったアプリです。今のところはiOS版が出ているそうです。 Trailhead Go アプリ起動1 アプリ起動2 通知のオン 通知の有効化リンクをクリックするとアプリの通知をONにできました。 Tr…

SFDC:Dreamforce 2019のセッション登録をやりました

やろうやろうと思って後回しにしていたDreamforce 2019のセッション登録をやりました。 Dreamforce 2019 『AGENDA BUILDER IS OPEN. START BOOKING YOUR SESSIONS NOW >』のリンクから登録ページにアクセスできます。もしくはSESSIONのリンクからアクセスも…

SFDC:Lighntingコンポーネント開発でApexクラスに複数の値を渡す方法

Lighntingコンポーネント開発でApexに複数の値を渡す方法についてです。次のようなラッパークラスを用意すると便利です。(サンプルではString型とsObject型を用意しました。) Apexクラスの引数や戻り値で利用できます。Lightningコンポーネントでアクセスす…

SFDC:Lighntingコンポーネントのアクション埋め込みを試してみました

Lighntingコンポーネントのアクション埋め込みを試してみました。下記の宣言をするとアクション内で呼び出すことができます。 implements="force:lightningQuickAction" すごいざっくりこんな感じ。 やってみてわかったのですが、アクション内で呼び出す場合…

SFDC:lightning:textareaタグの高さ指定を試してみました

lightning:textareaタグの高さ指定を試してみました。lightning:textareaはLighnitngコンポーネント開発でテキストエリアの入力ボックスを表示したいときに利用します。 Component Library コードはこんな感じ。 表示はこんな感じ。 テキストエリアなので入…