tyoshikawa1106のブログ

- Force.com Developer Blog -

SFDC:Salesforce World Tour Tokyo 2018に参加しました

2018年12月05日(水)に開催されたSalesforce World Tour Tokyo 2018に参加しました。場所は東京ビッグサイトです。

f:id:tyoshikawa1106:20181205082931j:plain:w300

f:id:tyoshikawa1106:20181205083120j:plain:w300


会場に入ると受付前にセキュリティチェックのゲートがありました。早めの時間に行ったためかスムーズに通ることができました。

f:id:tyoshikawa1106:20181205083938j:plain:w300


セキュリティチェックを済ませたあとは受付に行って受講票を見せてパスケースを受け取ります。そのときにパンフレットなども頂きました。

f:id:tyoshikawa1106:20181205084302j:plain:w300


会場内はこんな感じでした。モーニングセッションで早めに来たので空いている時間帯です。
f:id:tyoshikawa1106:20181205084329j:plain:w300

f:id:tyoshikawa1106:20181205084339j:plain:w300

f:id:tyoshikawa1106:20181205084509j:plain:w300


最初に聴きに行ったセッションはこちらです。

第4次産業革命におけるシステム管理者の重要性と管理者向け最新機能

f:id:tyoshikawa1106:20181205084944j:plain:w300


管理者向けのセッションです。アストロくんやクラウディ北川さんのパフォーマンスも見ることができました。
f:id:tyoshikawa1106:20181205091825j:plain:w300


内容的にはこんな感じ。

  • 第四次産業革命の話。企業は顧客と繋がることを求められてる。
  • ゲストでHEAVEN Japanの方登壇
  • Lightning の使い方の話。ログイン後に予定を確認するホーム画面の使い方。ユーティリティバーの活用例としていつでもメモできる。
  • リストビューの検索機能の話
  • 活動の記録とクイックテキスト
  • Lightning フロービルダーとか新機能の話
  • EXCELからカスタムオブジェクトを作成できる→API名は動的にセットされる
  • Einstein予測ビルダーの話。→経験や勘に頼るしかなかった情報をAIが用意できる。


新機能はパイロット版や今後提供予定のものが含まれていました。
f:id:tyoshikawa1106:20181205091856j:plain:w300


モーニングセッションはこんな感じ。海外のSalesforce社の人も日本のイベントを見に来ていていました。
f:id:tyoshikawa1106:20181205085339j:plain:w300


次に予定していた基調講演まで少し時間に余裕があったのでちらっと会場を歩いてみました。ドリンクが提供されていたりもしました。飲み物を特に用意していなかったので会場で貰えて助かりました。
f:id:tyoshikawa1106:20181205093347j:plain:w300

基調講演:A Celebration of Trailblazers

基調講演の会場はこんな感じ。
f:id:tyoshikawa1106:20181205093930j:plain:w300

f:id:tyoshikawa1106:20181205094018j:plain:w300


Salesforceのマスコットと記念撮影をしてもらうこともできました。
f:id:tyoshikawa1106:20181205094116j:plain:w300


基調講演の開始はドラムパフォーマンス 鼓和-core-さんのパフォーマンスから始まりました。光と音のパフォーマンスがすごかったです。
f:id:tyoshikawa1106:20181205101214j:plain:w300

日本を代表するドラムパフォーマンス集団「鼓和-core-」


パフォーマンスのあとはセールスフォースジャパンの小出CEOが登壇されました。
f:id:tyoshikawa1106:20181205101818j:plain:w300

  • 第四次産業革命の話
  • セブンアンドアイホールディングによる活用の話と企業と顧客の繋がりの変化について
    • これからは顧客ひとりひとりにパーソナライズされたサービス提供の時代になる..的な話
  • ベンチャーキャピタル Trailblazer Fundの話


スペシャルゲストでネオスの方が登壇されました。
f:id:tyoshikawa1106:20181205103935j:plain:w300


セールスフォース創業者の一人でCTOのパーカーハリスも来日して登壇されていました。
f:id:tyoshikawa1106:20181205105749j:plain:w300

  • Customer360の話
  • MuleSoft の話
  • Einstein Voiceの話


EinsteinVoiceはSalesforce を音声で操作できる製品です。開発チームの方も来日されてHey SiriからSalesforceアプリにアクセスするデモを見せてくれました。音声がスムーズに認識されて操作されるのはすごかったです。(まだ英語のみの対応の可能性もありますが..)

f:id:tyoshikawa1106:20181205105942j:plain:w300

f:id:tyoshikawa1106:20181205110107j:plain:w300


その後はセールスフォースジャパンの秋津さんからWILLERの事例の話とMuleSoftをつかったシステム連携とコンタクトセンター向けに構築したServiceCloudのコンソールアプリのデモがありました。
f:id:tyoshikawa1106:20181205110943j:plain:w300


MuleSoftによりSalesforceと外部の予約システムを連携して問い合わせ対応できる仕組みを構築した流れはすごかったです。
f:id:tyoshikawa1106:20181205111930j:plain:w300


事例の話をしてくれたWILLERさんは高速バスなどのサービスを提供している企業です。

【公式】高速バス・夜行バスを簡単に予約|ウィラートラベル


最後にセールスフォースジャパンの田崎さんがDreamforceでも話のあったユニリーバの活用事例を紹介してくれました。
f:id:tyoshikawa1106:20181205113751j:plain:w300

f:id:tyoshikawa1106:20181205114050j:plain:w300

f:id:tyoshikawa1106:20181205114240j:plain:w300

f:id:tyoshikawa1106:20181205114315j:plain:w300


基調講演のあとはいろんなブースが出ている部屋へ。
f:id:tyoshikawa1106:20181205115157j:plain:w300

f:id:tyoshikawa1106:20181205115326j:plain:w300

f:id:tyoshikawa1106:20181205115908j:plain:w300

f:id:tyoshikawa1106:20181205124927j:plain:w300


お昼はサンドイッチが用意されていました。
f:id:tyoshikawa1106:20181205120351j:plain:w300


ランチを済ませたあとは、スタンプラリーでいろんなブースを回ってみました。最初に行ったのはこちら。
f:id:tyoshikawa1106:20181205120747j:plain:w300


アドエビスはWEBサイトのCV率を確認するマーケティング用の製品なのですが、Salesforceと連携できるんだと気になったので行ってみました。月額3万円で利用できるAppExchangeが用意されているみたいです。話を聞いたところWeb-to-リードのフォームを前提としていましたが、おそらく自作のWebフォームにも適用できるんじゃないかなと思います。(そうじゃないとだいぶ用途が狭まるので..)


次はSales Cloudのブースです。行ったタイミングがちょっとだけ悪かったみたいで詳しい人が離れてますとのことでしたが、ちょっとお話聞かせてもらうことができました。
f:id:tyoshikawa1106:20181205122601j:plain:w300


その次はアクセンチュアさんのブースに行きました。SWTT2018で唯一のDiamondスポンサー。大きなブースでいくつかの種類の話を聞けるようになっていました。AIとサーベイの話を聞かせてもらいましたが、AIで顧客の回答を分析してどのような感情を持っているかを判断できるアプリのデモを見せてもらいました。
f:id:tyoshikawa1106:20181205123330j:plain:w300


ブースには書籍も。
f:id:tyoshikawa1106:20181205123326j:plain:w300


その次はGrapeCityのブース。こちらもスポンサーブース。
f:id:tyoshikawa1106:20181205122615j:plain:w300


EXCEL形式で入力できるアプリのデモを見せてもらいました。



ここでService Cloud Keynoteの時間が来たので別の部屋へ移動。少し遅れてしまったのですが、運良くまだ前の席が空いていました。

Service Cloud Product Keynote

f:id:tyoshikawa1106:20181205125124j:plain:w300

f:id:tyoshikawa1106:20181205125217j:plain:w300

  • Service Cloud コンソールの話
  • AOKIホールディングスの方の事例話
  • 顧客対応のルーティンワークを自動化の話
  • AIチャットのデモ
  • コンソールからチャット対応
  • Apple business chatもサポートする話
  • Field Service Cloudの話

f:id:tyoshikawa1106:20181205125613j:plain:w300

f:id:tyoshikawa1106:20181205125843j:plain:w300

f:id:tyoshikawa1106:20181205130440j:plain:w300

f:id:tyoshikawa1106:20181205131333j:plain:w300

f:id:tyoshikawa1106:20181205131445j:plain:w300


Service Cloud Keynoteのセッションはこんな感じでした。


当初の予定ではこの次はSales Cloud Keynoteのセッション予定だったのですが、TwitterでHerokuのセッションが始まる情報を見つけ、そちらを聴きに行ってみました。

Herokuセッション

f:id:tyoshikawa1106:20181205133009j:plain:w300

f:id:tyoshikawa1106:20181205133057j:plain:w300

f:id:tyoshikawa1106:20181205133324j:plain:w300

f:id:tyoshikawa1106:20181205133615j:plain:w300


今までHerokuアプリはインターネットに接続して利用する前提でしたがイントラネットなどのクローズドな環境でも動かせるようになった話を聞きました。

f:id:tyoshikawa1106:20181205134016j:plain:w300

f:id:tyoshikawa1106:20181205134107j:plain:w300


Herokuのプラットフォームでアドオンサービスとして提供されているKafkaが、SalesforceのPlatform Event側の仕組みでも利用されるようになるそうです。リアルタイムでの通知とかで使えるとのことでAPI覚える必要がなくなる的な話がありました。
f:id:tyoshikawa1106:20181205134335j:plain:w300


あとはDockerのお話。
f:id:tyoshikawa1106:20181205134711j:plain:w300

f:id:tyoshikawa1106:20181205134837j:plain:w300


ここまでのまとめ。
f:id:tyoshikawa1106:20181205134914j:plain:w300


最後にHerokuの活用事例ということでリーフラス株式会社の方が登壇されました。
f:id:tyoshikawa1106:20181205135701j:plain:w300

リーフラス株式会社


Herokuのセッションのあとはスタンプラリー完成のため会場まわりに時間を使うことにしました。
f:id:tyoshikawa1106:20181205140353j:plain:w300

f:id:tyoshikawa1106:20181205141030j:plain:w300

f:id:tyoshikawa1106:20181205141736j:plain:w300

f:id:tyoshikawa1106:20181205142357j:plain:w300

f:id:tyoshikawa1106:20181205142404j:plain:w300

f:id:tyoshikawa1106:20181205142648j:plain:w300

f:id:tyoshikawa1106:20181205143144j:plain:w300

f:id:tyoshikawa1106:20181205143227j:plain:w300

f:id:tyoshikawa1106:20181205143814j:plain:w300

f:id:tyoshikawa1106:20181205144308j:plain:w300

f:id:tyoshikawa1106:20181205145034j:plain:w300


時間はかかりましたが無事にコンプリートしました。教えてもらって気づいたのですがSalesforceという文字が出来上がる予定だったみたいです。(おみくじにいくのが遅かったためシールがなくなってしまったみたいです...)
f:id:tyoshikawa1106:20181205145152j:plain:w300


全部集めて2回分引けたので何か当たるかなと抽選クジ引いてきたのですが二回ともハズレ...ブース周りは楽しめたので良かったです。
f:id:tyoshikawa1106:20181205151157j:plain:w300


残りの時間も会場ぶらぶらして過ごしました。
f:id:tyoshikawa1106:20181205155033j:plain:w300

f:id:tyoshikawa1106:20181205151251j:plain:w300

f:id:tyoshikawa1106:20181205152159j:plain:w300

f:id:tyoshikawa1106:20181205163447j:plain:w300

f:id:tyoshikawa1106:20181205154722j:plain:w300

f:id:tyoshikawa1106:20181205165145j:plain:w300

f:id:tyoshikawa1106:20181205164954j:plain:w300

f:id:tyoshikawa1106:20181205173106j:plain:w300


Salesforce World Tour Tokyo 2018はこんな感じでした。今年も参加できて良かったです。

SFDC:リードの取引開始と個人取引先について

リードの取引開始ボタンをクリックすることで、リードに登録された情報を元に取引先、取引先責任者、商談を作成することができます。B to C向けの個人取引先の場合はどうなるのかなと検索したところ、ヘルプに記載がありました。

f:id:tyoshikawa1106:20181207033735p:plain

リードの取引開始に関する考慮事項


会社名を入力していると法人取引先、会社名が未入力の場合は個人取引先と自動で切り替えてくれるみたいです。そもそも会社名は必須じゃないのかと確認したところ、ページレイアウト設定で必須を解除することが可能でした。

f:id:tyoshikawa1106:20181207033901p:plain


実際に試してみた画面がこちらです。

法人取引先

f:id:tyoshikawa1106:20181207033928p:plain

個人取引先

f:id:tyoshikawa1106:20181207033952p:plain


取引開始ボタンクリック後に特に意識することなく切り替わるので個人取引先のときには不便になるといった心配は不要でした。実際に運用で利用する場合はレコードタイプを「法人リード」「個人リード」と用意してそれぞれにページレイアウトを用意するのが良いみたいです。(法人リードの場合は会社項目に必須を残しておく)

SFDC:個人取引先の取引先名を数式で取得

個人取引先を利用する際に少しハマった話。商談に紐付く取引先名を数式で取得しようしたら値が空の場合がありました。個人取引先の場合は「Account.Name」では取得できないみたいです。


こうやって取得できます。

IF(Account.IsPersonAccount,
Account.LastName + ' ' + Account.FirstName,
Account.Name
)

f:id:tyoshikawa1106:20181122072555p:plain

SFDC:商品スケジュールのデータの持ち方

商品スケジュールのデータの持ち形についてです。Apexでは次のような感じでINSERT処理を実行できます。

f:id:tyoshikawa1106:20181109084716p:plain

※実際にはループ処理の中でINSERT処理しちゃだめです。


上記処理の結果、画面にはこのように表示されます。収益の値が5000のデータを3件登録したので15000という値になっています。画面を見る感じでは同じ日付のデータは一件にマージされている感じでした。
f:id:tyoshikawa1106:20181109084806p:plain


ところがSOQLクエリでデータを確認してみると・・・裏側ではデータは3つにわかれたままとなっています。
f:id:tyoshikawa1106:20181109084946p:plain


このデータを画面で編集すると
f:id:tyoshikawa1106:20181109085050p:plain


裏側のデータも一件にマージされます。
f:id:tyoshikawa1106:20181109085115p:plain


同じ日付で複数の商品スケジュールが作成されるのはApexから登録したときのみの挙動となっているようです。開発の際にはこのあたりの注意も必要になります。

SFDC:商談の商品と共にコピーする機能と商品スケジュールについて

現在、Lightning Experienceでは利用できないため、なくなる機能の可能性がありますが、Salesforce Classicでは商談コピー時に商品も一緒にコピーのメニューが用意されています。

f:id:tyoshikawa1106:20181109082314p:plain


商品も一緒にコピーした場合は、商品スケジュールも一緒に作成されます。
f:id:tyoshikawa1106:20181109082545p:plain


このときのApexトリガの挙動について確認しました。
f:id:tyoshikawa1106:20181109082619p:plain

商品スケジュールが存在しない場合

商品スケジュールが存在しない状態で商談と商品のコピーを行った場合、商談商品トリガはINSERT処理のみ実行されます。
f:id:tyoshikawa1106:20181109082734p:plain

商品スケジュールが存在する場合

商品スケジュールが存在する状態で商談と商品のコピーを行った場合は、商談商品トリガはINSERT処理とUPDATE処理が実行されました。
f:id:tyoshikawa1106:20181109082919p:plain


コピーにより商品が作成され、INSERT処理が実行されたあとに、商品に紐付く商品スケジュールもコピーされる処理が実行されます。商品スケジュールが紐ついたタイミングで商品のUPDATE処理が実行されるという流れのようです。


商談商品トリガで商品スケジュールに関する処理を作成する際にはコピー時の挙動についても注意が必要でした。

SFDC:Salesforceアプリのテキストを送信を試してみました

Salesforceアプリのテキストを送信を試してみました。取引先のページレイアウト設定を行うと確認できますがテキストの送信という標準アクションが存在します。

f:id:tyoshikawa1106:20181108123213p:plain


このアクションは配置してもPCの画面では何も表示されません。
f:id:tyoshikawa1106:20181108123246p:plain


ですがSalesforceモバイルアプリから確認するとテキストを送信のアクションが表示されます。こちらはモバイル専用アクションとなるようです。
f:id:tyoshikawa1106:20181108123540j:plain:w200


選択すると外部アプリが立ち上がります。iOSのみでの確認ですが標準のメッセージアプリが起動すると思います。
f:id:tyoshikawa1106:20181108122659j:plain:w200


この手順でメッセージを送信するSMSとして扱われるみたいです。またSalesforceモバイルアプリとは独立して起動されるため、送信されたメッセージが活動の記録などに登録されるということはなさそうです。イメージ的にはメッセージアプリ起動のショートカットのような感じです。


Salesforceとデータ連携はされませんが、SMS主体でやりとりしている場合には便利なショートカットになるかもしれません。類似のアクションで電話というアクションもあります。


電話のアクションですが実行すると2つのアクションを選択できました。

  • 電話をかける
  • 電話をかけずに記録


記録の方はそのまま活動の記録の入力欄が表示されます。電話をかけると発信が行われ通話終了後に活動の記録の入力欄が表示される流れでした。(ざっくりした検証だったので、もしかすると見間違えがあるかも..)


あまり使う機会がない機能だと思ってましたがけっこう便利かもしれません。

SFDC:個人取引先と住所項目

個人取引先を有効化すると取引先オブジェクトに個人取引先用の項目が追加されます。API名がPersonとついているものがそうです。個人取引先用項目というと少し特殊な感じがしますが、取引先責任者の項目を取引先側で参照可能になるという感じです。

f:id:tyoshikawa1106:20181108082025p:plain


取引先と取引先責任者で重複するような項目はほとんどありませんが住所項目は別です。下記のようにそれぞれの項目が用意されています。

  • 取引先: 住所 (請求先) ・・・BillingAddress
  • 取引先責任者: 住所 (郵送先)・・・MailingAddress


個人取引先項目はPersonがついている方を優先したほうが良いと思うので、基本的にはMailingAddressの方に値をセットしていったほうが良いと思うのですが、取引先オブジェクトとして扱うのでBillingAddressにも値を保持しておいたほうが後々安心な気がします。


ということでこうした重複項目はApexトリガのBefore処理で値を自動セットしておくといいと思います。
f:id:tyoshikawa1106:20181108082533p:plain


何もしていないと片方の住所項目にしか値がセットされませんが・・・
f:id:tyoshikawa1106:20181108082607p:plain


トリガで処理を実装すれば、ユーザは特に意識することなく裏側で自動的に値がセットされるようになります。
f:id:tyoshikawa1106:20181108082622p:plain


使いみちがあるかちょっと怪しい気もしますがあとから必要になって対応するよりは導入時に対処しておいたほうが良い気がしました。