読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tyoshikawa1106のブログ

- Force.com Developer Blog -

SFDC:Lightning Experienceのダッシュボード画面

Lightning Experienceのダッシュボード画面の使い方を確認してみました。個人的にダッシュボードの部分はけっこう違いがある気がします。

f:id:tyoshikawa1106:20150916020905p:plain

新規ダッシュボード

新しいダッシュボードを作成するときは、新規ダッシュボードボタンをクリックします。
f:id:tyoshikawa1106:20150916021105p:plain


新規ダッシュボード画面です。
f:id:tyoshikawa1106:20150916021253p:plain


作成後はこのような画面が表示されます。ここでカスタマイズを行っていくみたいです。
f:id:tyoshikawa1106:20150916021348p:plain


この画面では次の操作ができます。
f:id:tyoshikawa1106:20150916021554p:plain


SaveやDeleteはそのままの意味なので、Addを確認してみます。Addボタンをクリックするとレポート選択画面が表示されました。
f:id:tyoshikawa1106:20150916021704p:plain


対象レポートを選択するとこのように表示されます。グラフ種別やタイトルなどの設定を行います。
f:id:tyoshikawa1106:20150916021821p:plain


ちょっと気になったのがグラフ選択でレポートのグラフと同じというのが見当たりませんでした。とりあえずちゃんとしたグラフが表示されるレポートを用意して試してみました。
f:id:tyoshikawa1106:20150916022733p:plain


設定後にAddボタンをクリックすると設定完了です。
f:id:tyoshikawa1106:20150916022933p:plain


SaveしてDoneボタンをクリックするとグラフが表示されました。
f:id:tyoshikawa1106:20150916023018p:plain


参照ページでは次の操作ができるみたいです。
f:id:tyoshikawa1106:20150916023057p:plain


追加するグラフはドラッグ&ドロップで移動したり、サイズ変更できるみたいです。
f:id:tyoshikawa1106:20150916023327p:plain


配置時の自由度はかなり向上してるみたいです。
f:id:tyoshikawa1106:20150916023618p:plain


動的ダッシュボードや自動更新の設定が見当たらなかったのですが、今後追加されるのかなと思います。最後にダッシュボードが一件以上存在する場合は、最初のビューの画面に表示されました。
f:id:tyoshikawa1106:20150916024734p:plain


ダッシュボードの使い方はだいたいこんな感じでした。まだプレビュー版なので今後いろいろな機能が追加されていくんじゃないかなと思います。