読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tyoshikawa1106のブログ

- Force.com Developer Blog -

SFDC:Live Agentを試してみました

salesforce.com ServiceCloud

Trailheadを見ながらService Cloudの便利機能、Live Agentを試してみました。


設定画面で有効化することで利用できるようになります。
f:id:tyoshikawa1106:20161228101034p:plain


有効化すると各設定が追加され、エンドポイントが割り当てられます。
f:id:tyoshikawa1106:20161228101314p:plain


Live Agentを利用するにはユーザに権限を付与する必要があります。
f:id:tyoshikawa1106:20161228101459p:plain:w300


エージェントがどのような知識をもっているかのスキル情報を作成します。
f:id:tyoshikawa1106:20161228101624p:plain


名称を入力して対象ユーザまたはプロファイルを指定します。
f:id:tyoshikawa1106:20161228101852p:plain


これでスキルの設定は完了です。
f:id:tyoshikawa1106:20161228101926p:plain


続いてチャット構成の設定です。Live Agent Configurationsで設定します。
f:id:tyoshikawa1106:20161228102035p:plain


細かい設定がいろいろ用意されていますが、ひとまず設定不要です。名称と対象ユーザまたはプロファイルを指定して設定を保存します。
f:id:tyoshikawa1106:20161228102213p:plain

f:id:tyoshikawa1106:20161228102246p:plain


これでLive Agent Configurationsの設定ができました。
f:id:tyoshikawa1106:20161228102333p:plain


次はブランドイメージの設定です。マイドメインの有効化とForce.comサイトの有効化が必要になります。
f:id:tyoshikawa1106:20161228103110p:plain

f:id:tyoshikawa1106:20161228103226p:plain

f:id:tyoshikawa1106:20161228103533p:plain


Trailheadから画像をダウンロードして静的リソースにアップします。
f:id:tyoshikawa1106:20161228103913p:plain:w300


Online, Offline, ChatWindowの3つです。
f:id:tyoshikawa1106:20161228104459p:plain

f:id:tyoshikawa1106:20161228104508p:plain

f:id:tyoshikawa1106:20161228104517p:plain


これができたらチャットボタンの作成を行います。
f:id:tyoshikawa1106:20161228104647p:plain


こんな感じ。
f:id:tyoshikawa1106:20161228105045p:plain


これでチャットボタンのコードが自動生成されます。
f:id:tyoshikawa1106:20161228105150p:plain


次はDeploymentsの設定です。
f:id:tyoshikawa1106:20161228105324p:plain


こんな感じになります。これでDeployment Codeも生成されます。
f:id:tyoshikawa1106:20161228105606p:plain



ここまで設定できたらコンソールにLive Agentを追加します。設定のアプリケーション作成でコンソールアプリケーションを作成します。こんな感じです。
f:id:tyoshikawa1106:20161228110727p:plain


Live Agentを有効化した場合は次の設定が追加されていました。
f:id:tyoshikawa1106:20161228110757p:plain


このような画面が表示されれば大丈夫です。
f:id:tyoshikawa1106:20161228110904p:plain


これで基本的な設定が完了しました。Visualforceページを用意してチャット機能を試してみます。
f:id:tyoshikawa1106:20161228112017p:plain

<apex:page>
  <h1>Let’s start chatting...</h1>
  <br />
  Click the big button to start a chat.
  <br />
  <!--Button Code-->
  <!--Deployment Code-->
</apex:page>

Button CodeとDeveloyment Codeに先程の設定で生成されたコードを差し込みます。すると次のような表示のページができると思います。
f:id:tyoshikawa1106:20161228112447p:plain


画像をクリックするとウィンドウが開きます。
f:id:tyoshikawa1106:20161228112520p:plain


ウィンドウを開いた状態でコンソールアプリを開き右下のLive Agentウィンドウを開きます。ステータスをオンラインにすると対象チャットが表示されます。
f:id:tyoshikawa1106:20161228112702p:plain


Acceptボタンをクリックするとチャットを開始できます。設定によってはチャットの右側に取引先やケースの作成ページを表示できます。
f:id:tyoshikawa1106:20161228112909p:plain


送信したメッセージは相手側に表示されます。
f:id:tyoshikawa1106:20161228113045p:plain:w300


このような感じでやりとりできます。
f:id:tyoshikawa1106:20161228113134p:plain:w300


今回は両方とも内部ユーザとして操作しましたが、コンソール側を内部ユーザ、チャット起動をForce.comサイトなどの外部サイトに配置して利用することになると思います。基本的に複数タブでコンソールを開いてチャットを扱うといった利用の仕方はできないみたいです。接続が切断されました。


以上がLive Agentの基本的な設定の流れです。詳細はTrailheadにまとめられています。
f:id:tyoshikawa1106:20161228113435p:plain