読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tyoshikawa1106のブログ

- Force.com Developer Blog -

Heroku:Add-ons『New Relic』を試してみました

Heroku

Herokuの基本的な使い方に慣れてきたので、アドオンのインストールをやってみることにしました。今回試してみたのがアプリケーションの監視ができる『New Relic』です。名前はいろんなところでよく聞いていたので気になっていました。


まず、New Relic自体について確認してみました。

f:id:tyoshikawa1106:20150905040847p:plain

Application Performance Management & Monitoring | New Relic

料金について

料金とかどうなってるかなと確認したところ、Freeプランが用意されていました。
f:id:tyoshikawa1106:20150905122151p:plain


各プランでできることについては料金表の下に記載がありました。
f:id:tyoshikawa1106:20150905122422p:plain

製品について

New Relicですがいくつかの製品にわかれていて、その中から用途に合わせて利用するようになっていました。
f:id:tyoshikawa1106:20150905122704p:plain


Goolge日本語でざっくり内容を確認してみました。
f:id:tyoshikawa1106:20150905122947p:plain

使い方

最初にNew Relicのサイトでアカウントを作成する必要があります。Sign up for New Relicのボタンから作成画面を表示できました。
f:id:tyoshikawa1106:20150905041101p:plain:w300


(アカウント作成後に確認メールが届きますが、自分のときは少し時間が掛かりました。)


Sign upが完了すると、New Relicが利用できるようになります。まずは対象の製品を選択します。
f:id:tyoshikawa1106:20150905123321p:plain


今回はアプリケーションを監視するAPMを選択してみました。製品選択後は対象の言語を選択します。
f:id:tyoshikawa1106:20150905123510p:plain


Ruby on Railsで開発したアプリで利用するのでRubyを選択してみました。選択後、インストール方法が表示されます。
f:id:tyoshikawa1106:20150905123717p:plain

1. Get your license key

f:id:tyoshikawa1106:20150905123912p:plain

2. Install the New Relic agent as a gem

f:id:tyoshikawa1106:20150905124017p:plain

3. Download newrelic.yml

f:id:tyoshikawa1106:20150905124037p:plain

4. Start your local server

f:id:tyoshikawa1106:20150905124051p:plain

5. See data in 5 minutes

f:id:tyoshikawa1106:20150905124107p:plain


インストール手順はこんな感じでした。ひとまずGemfileに次の内容を追加してbundle installコマンドを実行します。

gem 'newrelic_rpm'


次にnewrelic.ymlファイルをダウンロードしてRailsアプリのconfigディレクトリに置きます。
f:id:tyoshikawa1106:20150905124803p:plain


これで準備完了です。ちなみに最初に取得できるLicense Keyですが、newrelic.ymlファイルで使用します。newrelic.ymlファイルをダウンロードしてファイルを確認すると自動でKeyがセットされていました。


準備完了後、利用できるようになるまで5分ほどかかるみたいです。その後はローカルサーバまたは本番環境でアプリケーションの監視機能が利用できるようになります。

Developer Modeについて

まずNew RelicのDeveloper Modeを試してみます。newrelic.ymlファイル内でdeveloper_mode: trueを宣言している場合に利用ができます。
f:id:tyoshikawa1106:20150905130531p:plain


URLを次のように指定するとDeveloper Modeの画面が表示されます。

http://localhost:3000/newrelic

f:id:tyoshikawa1106:20150905130724p:plain


各ページにアクセスしてから表示すると次のように分析結果が確認できます。
f:id:tyoshikawa1106:20150905130852p:plain


SQLの内容や処理時間などを確認できるみたいです。
f:id:tyoshikawa1106:20150905131201p:plain


f:id:tyoshikawa1106:20150905131225p:plain

アプリケーションの監視

アプリの監視結果はヘッダーのAPMタブを選択すると表示できました。
f:id:tyoshikawa1106:20150905132006p:plain


localhostからアクセスしたのが"(Development)"が付いている方です。本番環境(Heroku)にアクセスしたときの結果がAwesome Eventsと表示されている方になります。

f:id:tyoshikawa1106:20150905132146p:plain


対象アプリを選択してみると監視結果がグラフで表示されます。
f:id:tyoshikawa1106:20150905132243p:plain

f:id:tyoshikawa1106:20150905132736p:plain:w300


メニューのService mapsを選択してみるとシステム構成?が確認できました。
f:id:tyoshikawa1106:20150905132507p:plain


詳細な使用方法についての確認はまたの機会にしたいと思います。最後にHerokuからAdd-onsを追加する方法について確認してみます。

Heroku Add-ons

アドオンの追加は、Heroku Dash boardsのAdd ons検索ボックスにNew Relicと入力します。
f:id:tyoshikawa1106:20150905133142p:plain

f:id:tyoshikawa1106:20150905133202p:plain


ここで料金プランの選択ができます。
f:id:tyoshikawa1106:20150905133240p:plain:w300


Provisionボタンをクリックして決定します。・・・自分のときにはエラーが発生しました。
f:id:tyoshikawa1106:20150905133424p:plain


おそらくクレジットカードの登録を行っていないことが原因だと思います。Freeプランを利用するときでも登録が必要そうです。
f:id:tyoshikawa1106:20150905133620p:plain:w300


ということでクレジットカードを登録してからもう一度試してみました。今度は無事に登録完了。
f:id:tyoshikawa1106:20150905134400p:plain


New Relic APMのリンクが表示されるのでクリックしてみると、New RelicのWelcomeページが表示されました。
f:id:tyoshikawa1106:20150905134840p:plain


ヘッダーメニューからAPMを選択すると、最初に利用規約の確認画面が表示されます。その後、アプリケーションの監視ページが表示されました。
f:id:tyoshikawa1106:20150905135028p:plain


このようにHeroku Add-onsの方から利用すれば、ファイルをダウンロードしたり、gemをインストールしたりといった手順を行わずに利用できました。Herokuアプリの監視だけが目的の場合はこちらの方法が便利そうです。


HerokuのAdd-onsの追加は初めて試してみたのですが、いろいろ確認できて良かったです。