読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tyoshikawa1106のブログ

- Force.com Developer Blog -

SFDC:MavensMate for Atomを試してみました

海外の開発者の方がAtomをつかったSalesforce開発環境の構築方法についてのブログで紹介してくれていました。Lightning Componentの開発もAtomからできようになっているみたいです。

f:id:tyoshikawa1106:20150829232925p:plain

How to Setup MavensMate in Atom (Salesforce1 IDE) | Vishnu Kumar


最近、Atomが気になってきていたのでこの機会に試してみました。

Download Atom

ダウンロードはこちらからできます。
f:id:tyoshikawa1106:20150829233040p:plain


いろいろファイルが用意されていますが、「atom-mac.zip」や「atom-windows.zip」をつかえばいいみたいです。
f:id:tyoshikawa1106:20150829233221p:plain


これでAtom.appをダウンロードできました。
f:id:tyoshikawa1106:20150829235020p:plain


Atomのダウンロードはこれで完了です。想像していたより簡単でした。
f:id:tyoshikawa1106:20150829235145p:plain

Install MavensMate

AtomでSalesforce開発ができるようにMavensMateをインストールします。インストールはInstall a Packageボタンから。
f:id:tyoshikawa1106:20150829235636p:plain:w300


MavensMateのパッケージは検索ボックスに「MavensMate」を入力して検索すると見つかります。
f:id:tyoshikawa1106:20150829235937p:plain


Installボタンをクリックしてしばらくまてばインストール完了です。
f:id:tyoshikawa1106:20150830000926p:plain:w300


これでメニューにMavensMateが追加されます。
f:id:tyoshikawa1106:20150830001150p:plain


ViauslforceやApexだけでなく、Lightningもここから開発できます。
f:id:tyoshikawa1106:20150830001330p:plain


プロジェクトの作成は「Project → New Project」からできます。
f:id:tyoshikawa1106:20150830002307p:plain


プロジェクトを作成するディレクトリですが、初期値がセットされています。どこかで編集できると思うのですが、そのまま使用するときはフォルダを事前に用意する必要があるみたいです。
f:id:tyoshikawa1106:20150830002730p:plain


・・・ここの設定をやらないと進められませんでした。調べてみたところパッケージの設定画面から設定できました。


メニューの「Packages→Setting View→Open」の順で選択するか、ショートカットキーの「Command + , (カンマ)」で設定画面を表示できます。ここでWorkspaceのディレクトリやSalesforceのAPIバージョンを設定できました。
f:id:tyoshikawa1106:20150830005741p:plain


設定例です。設定変更後はそのままで自動保存されました。特に保存ボタンなど押す必要はないみたいです。
f:id:tyoshikawa1106:20150830005914p:plain


f:id:tyoshikawa1106:20150830010144p:plain


これでAtomをつかったSalesforce開発環境の構築が完了しました。基本的にはSublimeのときと同じように開発できるようになっていますが、微妙に違うところもありました。


たとえばプロジェクト全体ではRefresh from Serverコマンドは実行できないようになっています。かわりにclean project commandコマンドでリフレッシュするようになっています。
f:id:tyoshikawa1106:20150830011315p:plain


詳細はこちらです。


今回確認できたところはこんな感じです。Atomエディタはいろいろ高機能みたいなので、使い方を覚えてみたいと思います。