読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tyoshikawa1106のブログ

- Force.com Developer Blog -

AppExchange:Multiple Web2Leadを試してみました

ちょっとWeb-To-リードの機能について調べていたらUS版のAppExchangeにMultiple Web2Leadというパッケージが公開されていることを知りました。

f:id:tyoshikawa1106:20131122005521p:plain

Multiple Web2Lead - Teravision Technologies - AppExchange

通常、Web-To-リードの入力フォームのHTML出力は必要になるたびに項目の選択などの操作を行う必要がありますが、このMultiple Web2Leadを利用することで入力フォームのHTML出力条件を保存することが可能になります。


パッケージをインストールするとMultiple Web2Leadタブが選択できるようになります。

f:id:tyoshikawa1106:20131122010004p:plain


詳細ページは次のようになっています。

f:id:tyoshikawa1106:20131122011411p:plain

重要な項目

Generate Htmlボタン

指定された条件でHTMLのコードを表示します。

Generate formated Htmlボタン

指定された条件でHTMLのコードを表示します。
styleが指定されてすこし綺麗に表示できます。

Return URL

Submmit後に遷移するページのURLを指定できます。

Add Leads to Campaign

Web-To-リードで登録する際に紐付けるキャンペーンを指定できます。

Email Notification?

試してはいませんが、チェックを付けると通知メールが送信されるようになるのだと思います。

Fields from Lead

入力フォームに表示する項目を指定できます。

Leads

この入力フォームから作成されたリードが表示されます。


編集画面は次のようになっています。

f:id:tyoshikawa1106:20131122012349p:plain


2.- Add some fields from LeadのFields Available選択リストから表示する項目を指定できます。


主な機能はこんな感じでした。Web-To-リードを頻繁に使用/カスタマイズしている組織ではインストールしておくと便利だと思います。