tyoshikawa1106のブログ

- Force.com Developer Blog -

SFDC:組織の Lightning の利用状況アプリケーション

Summer'18にアップデートされたときに組織の Lightning の利用状況アプリケーションが自動で追加されていました。
f:id:tyoshikawa1106:20180620070025p:plain

下記の情報が確認できるみたいです。
f:id:tyoshikawa1106:20180620070120p:plain

f:id:tyoshikawa1106:20180620070132p:plain


Lightningオプティマイザを実行ボタンをクリックすると次のページに移動します。
f:id:tyoshikawa1106:20180620070251p:plain


オプティマイザの機能はLightning Experience 移行アシスタントの操作がより簡潔でわかりやすくなったものとのことです。
f:id:tyoshikawa1106:20180620070438p:plain:w250


オプティマイザについてはこちらで軽く触れられていました。

リリースノート

SFDC:Lightning ExperienceとToDo管理

Lightning Experienceではホーム画面にToDo一覧を表示してタスクを確認できる機能があります。
f:id:tyoshikawa1106:20180620064808p:plain


進行中や期限切れ、完了済みと表示を切り替えたいときはメニューを選択して切り替えることが可能です。
f:id:tyoshikawa1106:20180620064904p:plain


このToDo管理方法についてより便利な設定がTrailblazerCommunityで紹介されていました。ユーティリティーバーをつかった方法です。
f:id:tyoshikawa1106:20180620065039p:plain


ユーティリティーバーはLightningアプリケーションの場合にのみ設定可能な機能です。
f:id:tyoshikawa1106:20180620065153p:plain


検索条件は選択後は数式のように表示されますが、基本的には選択リストから選ぶだけです。
f:id:tyoshikawa1106:20180620065240p:plain


これでSakesforceのToDo機能がより使いやすくなると思います。またToDo以外にもよく使うビューを表示しておくと便利かもしれません。

SFDC:商談の成立と完了予定日の関係

商談のフェーズと完了予定日の関係についてです。あまり意識したことがなかったのですが、完了予定日には下記のルールがあります。

未来の完了予定日の商談を本日、「商談成立」にした場合完了予定日は、システム日付(本日)が自動的にセットされます。


商談成立とはフェーズの種別が成立になっている値を選択したときを指します。
f:id:tyoshikawa1106:20180620064439p:plain


次のように完了予定日が未来日付になっている状態でフェーズを成約 (商談完了)に切り替えたとき・・・
f:id:tyoshikawa1106:20180620063600p:plain


完了予定日が本日日付に変更されます。
f:id:tyoshikawa1106:20180620063716p:plain


フェーズと完了予定日を同時に変更した場合やフェーズ変更後に完了予定日を変更したときは未来日付をセットすることが可能です。
f:id:tyoshikawa1106:20180620063830p:plain


具体的には下記の条件が適用されるみたいです。

1.過去の完了予定日の商談を本日、「商談成立」にした場合
   完了予定日は、そのまま保存されます。

2.未来の完了予定日の商談を本日、「商談成立」にした場合
   完了予定日は、システム日付(本日)が自動的にセットされます。

3.過去の完了予定日の商談を本日、「商談不成立(ロストした)」にした場合
   完了予定日は、そのまま保存されます。

4.未来の完了予定日の商談を本日、「商談不成立(ロストした)」にした場合
   完了予定日は、そのまま保存されます。

5.商談を新規に入力する際に、過去及び未来の完了予定日をセットし
   「商談成立」にした場合完了予定日は、そのまま保存されます。

6.商談を新規に入力する際に、過去及び未来の完了予定日をセットし
   「商談不成立(ロストした)」にした場合完了予定日は、そのまま保存されます。


こちらのヘルプで紹介されています。
f:id:tyoshikawa1106:20180620064013p:plain

https://help.salesforce.com/articleView?id=000171052&language=ja&type=1


完了予定日の扱いを請求書送付日などのように扱いたいときには上記ルールに注意が必要です。

SFDC:NPO向けAppExchange『NPSP Packages』のアンインストール

NPO向けAppExchangeパッケージ『NPSP Packages』のアンインストール手順についてまとめられたサイトがありました。

f:id:tyoshikawa1106:20180616071355p:plain

Uninstall NPSP ~ Power of Us Hub


NPO向けのパッケージは複数のパッケージで構成されています。

  • Nonprofit Starter Pack/Nonprofit Success Pack
  • Affiliations
  • Relationships
  • Recurring Donations
  • Households
  • Contacts & Organizations


順番どおりにアンインストールをいないと連動関係でエラーになることがあります。また、Sandbox組織ではアンインストールできなものが本番ではうまくいかない場合がありました。どうしてもうまくいかない場合はサポートへの連絡するのが良さそうです。


また、レコードタイプとプロファイルの紐付けを除外するのに悩むかもしれません。下記リンク先の方法で対応できると思います。

SFDC:Summer'18 - Trailheadのプロフィール表示を試してみました

Summer'18の新機能で自分のプロファイルに Trailhead バッジを表示できるようになりました。

f:id:tyoshikawa1106:20180613093541p:plain

リリースノート


設置方法は簡単でユーザのプロフィールページに移動して編集リンクをクリック。Lightningアプリケーションビルダーでカスタマイズします。
f:id:tyoshikawa1106:20180613093620p:plain


バッジのコンポーネントが自動追加されているので任意の場所に配置するだけです。
f:id:tyoshikawa1106:20180613093803p:plain


配置すると次のように紐付きがない状態で表示されます。
f:id:tyoshikawa1106:20180613093845p:plain


紐付けはSalesforceアカウントで判断されます。Trailheadにログインして設定のSalesforce ログインアカウントの部分からTrailheadアカウントとSalesforceを紐つけます。
f:id:tyoshikawa1106:20180613094030p:plain


今回はTrailheadアカウントとは関係のないSalesforceアカウントで試してみましたが次のような認証が行われました。
f:id:tyoshikawa1106:20180613094254p:plain


f:id:tyoshikawa1106:20180613094315p:plain


f:id:tyoshikawa1106:20180613094328p:plain


認証後無事にバッジが表示されることを確認できました。
f:id:tyoshikawa1106:20180613094344p:plain


すべて表示をクリックするとTrailheadのページに移動するようになっています。
f:id:tyoshikawa1106:20180613094436p:plain

SFDC:Lightning Experienceでリードの取引開始の対応付け

リードの取引開始でカスタム項目の対応付けを行う方法です。設定→オブジェクトマネージャ→リードの項目の設定画面にリード項目の対応付けボタンが表示されているのでそちらのボタンからカスタム項目の対応付けが可能となっています。

f:id:tyoshikawa1106:20180612125727p:plain


紐付け画面はこんな感じです。
f:id:tyoshikawa1106:20180612130047p:plain


対象オブジェクトはタブメニューとなっています。用途に合わせて取引先・取引先責任者・商談のオブジェクトから選択できます。
f:id:tyoshikawa1106:20180612130330p:plain


これでリードの取引開始を実施した際にカスタム項目も取引先と取引先責任者に反映されます。
f:id:tyoshikawa1106:20180612130350p:plain


以上が、Lightning Experienceでリードの取引開始の対応付けの設定方法です。このあたりもClassicに戻さなくても対応できるようになっています。

SFDC:Summer'18 - Lightning レポートビルダーを試してみました

Summer'18の新機能、Lightning レポートビルダーを試してみました。試してみたというか休日明けにログインしたら自動で切り替わっていました。今回Sandboxで事前チェックしてなかったのでちょっとドッキリ。

f:id:tyoshikawa1106:20180612081210p:plain

リリースノート


レポートタブのページを見ると新規ボタンと新規(Salesforce Classic)に分かれています。Salesforce Classicの方を選ぶと従来のモードで作成を行えます。
※編集も同様でした。

f:id:tyoshikawa1106:20180612081116p:plain


レポートタイプを選ぶところから"Lightning"になってます。
f:id:tyoshikawa1106:20180612081444p:plain


従来の画面と違いが大きすぎて「あ...」となったのですがよく見るとそれほど複雑ではありませんでした。
f:id:tyoshikawa1106:20180612081547p:plain


まず画面右側検索条件のところがタブメニューになっています。クリックすると今までどおりに条件指定が可能です。
f:id:tyoshikawa1106:20180612081645p:plain:w300


適用をクリックしないと反映されないので注意してください。
f:id:tyoshikawa1106:20180612081749p:plain


アウトラインのメニューでは表示項目の順番を変更したり、✗アイコンで非表示にしたりといった操作ができます。従来のようにドラッグ&ドロップで除外する手間がなくなりすごく使いやすくなりました。
f:id:tyoshikawa1106:20180612081943p:plain


グループを追加でサマリレポートのグルーピング設定を行うことができます。
f:id:tyoshikawa1106:20180612082047p:plain


小計や総計の表示/非表示、並び替えの変更も今までどおりに行えます。
f:id:tyoshikawa1106:20180612082155p:plain


グルーピングは3項目まで可能でした。
f:id:tyoshikawa1106:20180612082308p:plain


列をグルーピングの設定を行うと今までのマトリックスレポートの形式で作成できます。この場合、行のグルーピングは最大2つまでとなります。
f:id:tyoshikawa1106:20180612082510p:plain


ひとつすごい機能がありました。行と列をスワップする機能です。
f:id:tyoshikawa1106:20180612082559p:plain:w300


これをつかうとX軸とY軸の項目をそのまま入れ替えることができます。
f:id:tyoshikawa1106:20180612082649p:plain


ClassicからLightningに切り替える際に、レポートグラフのX軸に表示するグラフは列で指定した項目である必要があったため、レポートを作り変えたことがあったのですが、そういった作業がこの機能で効率よく行えるようになっています。


レポートに項目を追加するのは画面の一番左側に隠れているメニューから行います。
f:id:tyoshikawa1106:20180612083005p:plain:w300


絞り込み機能もかなり使いやすいです。
f:id:tyoshikawa1106:20180612083046p:plain


グラフの設定も簡単に行えます。
f:id:tyoshikawa1106:20180612083128p:plain


パケット項目や集計項目の作成はこちらから行うことができます。
f:id:tyoshikawa1106:20180612083242p:plain


こちらに関しては使い方がだいぶ違う気がするので慣れるしか無いかなと思いました。
f:id:tyoshikawa1106:20180612083315p:plain


フルエディタに切り替えのボタンをクリックすると大きな画面で設定できます。
f:id:tyoshikawa1106:20180612083345p:plain


ということでかなり使い勝手がよくなっています。
f:id:tyoshikawa1106:20180612083429p:plain


個人的に嬉しい機能としてはビューの画面で列幅を変更できるようになりました。これでレポート名が長くなったりした場合でも問題なくなりました。
f:id:tyoshikawa1106:20180612083545p:plain


移動の機能でレポートフォルダを変更できるようにもなっています。
f:id:tyoshikawa1106:20180612083642p:plain

f:id:tyoshikawa1106:20180612083712p:plain


Summer18でGAリリースとなりましたがベータ版のときと比べて非常に使いやすくなっていました。