読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tyoshikawa1106のブログ

- Force.com Developer Blog -

SourceTreeのインストール手順を確認しました

Bitbucket SourceTree

いつか使い方覚えなきゃと思っていたGitのデスクトップクライアント『SourceTree』の使い方をちゃんと確認してみました。
f:id:tyoshikawa1106:20160403182758p:plain

SourceTree - Windows と Mac 対応 Git & Mercurial 無料クライアント | Atlassian

ダウンロード

インストーラのダウンロードはこちらから。


ダウンロードボタンをクリックするだけです。
f:id:tyoshikawa1106:20160403182940p:plain


Macの場合はこんな感じで進めます。
f:id:tyoshikawa1106:20160403183016p:plain:w300

f:id:tyoshikawa1106:20160403183144p:plain

初期設定

初回起動時には初期設定が必要になります。まずはライセンスの同意。
f:id:tyoshikawa1106:20160403183246p:plain


次にAtlassianアカウントのログイン。My Atlassianを選択してみました。
f:id:tyoshikawa1106:20160403183446p:plain


My Atlassianを選択するとログインページが表示されます。
f:id:tyoshikawa1106:20160403183533p:plain


ログインするとライセンスの生成画面が表示されます。
f:id:tyoshikawa1106:20160403184016p:plain


ライセンスを生成するとAtlassianアカウントの利用製品の中に追加されます。この後はuse Atlassianボタンをクリックしてログインすれば先に進みました。


BitbuketやGitHubへの接続ができるようになっています。
f:id:tyoshikawa1106:20160403184425p:plain


今回はBitbuket Cloudを選択して先に進めてみました。この後リポジトリのクローン作業があったのですが、Bitbuketに存在しているはずのリポジトリが選択できませんでした。


なんでだろうと調べてみると、Bitbuket上で設定が必要だったみたいです。
f:id:tyoshikawa1106:20160403184944p:plain


Bitbuketのクローンメニューからクローン作業を進めると
f:id:tyoshikawa1106:20160403185150p:plain


無事にローカル上に準備できました。
f:id:tyoshikawa1106:20160403185631p:plain


Bitbuketの初期設定はこんな感じです。

SourceTreeの設定

先ほどリポジトリが表示されなかったのは、ここの設定ができていなかったことが原因でした。
f:id:tyoshikawa1106:20160403190555p:plain


歯車アイコンから設定します。アカウントの追加とデフォルトのパスを指定できます。
f:id:tyoshikawa1106:20160403190757p:plain


これでリモートタブから簡単にクローンできるようになりました。
f:id:tyoshikawa1106:20160403191013p:plain

リポジトリの作成

ローカルタブの新規リポジトリボタンをクリックします。
f:id:tyoshikawa1106:20160403191222p:plain


他のリポジトリからクローンしたりローカル上に作成したり、リモート上に作成したりできるみたいです。
f:id:tyoshikawa1106:20160403191324p:plain


インストール手順と初期設定についてはこんな感じでした。使い方はこれから確認してみようと思います。