読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tyoshikawa1106のブログ

- Force.com Developer Blog -

SFDC:メール to Salesforceを試してみました

メール to Salesforceの設定を試してみました。外部メールアプリケーションからメールを送信した際にSalesforce のリード、取引先責任者、商談のレコードに自動的に関連付けることができる機能です。


メール管理のメニューから有効化することができます。
f:id:tyoshikawa1106:20170508201231p:plain


有効化時に社内に通知することができますが、スキップすることも可能です。基本的には動作チェック後にChatter等で改めて共有すれば良さそうに思います。
f:id:tyoshikawa1106:20170508201316p:plain

f:id:tyoshikawa1106:20170508201412p:plain


これでメール to Salesforce用のシステムメールが生成されます。
f:id:tyoshikawa1106:20170508220445p:plain


生成されたアドレスはメール送信時にBCCに指定します。
f:id:tyoshikawa1106:20170508225946p:plain


メール to Salesforceでレコードを取り込むと次のように通知メールが届きます。
f:id:tyoshikawa1106:20170508230101p:plain


これで取引先責任者などメールアドレスが一致するものの活動履歴として自動で取り込まれます。
f:id:tyoshikawa1106:20170508230226p:plain


活動の詳細ページに行くとメールの本文などの情報を確認できます。
f:id:tyoshikawa1106:20170508230605p:plain


メールアドレスを条件に自動で紐付けを行ってくれるので便利な機能だと思います。ですがもし特定の取引先責任者へメール送信と具体的に決まっている場合はSalesforceのメール送信機能をつかうとより便利そうでした。。
f:id:tyoshikawa1106:20170508231045p:plain


こちらはBCCに毎回入力しなくてもメール送信履歴として記録に残すことが可能です。