読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tyoshikawa1106のブログ

- Force.com Developer Blog -

SFDC:Lightning Experienceのメール送信機能を試してみました

Lightning Experienceのメール送信機能を試してみました。活動関連リストまたはメール送信ボタンから利用できるようになっているようです。
f:id:tyoshikawa1106:20170402180825p:plain


CCの指定も可能です。また取引先責任者やユーザの情報を元の予測検索の機能も用意されていました。
f:id:tyoshikawa1106:20170402181136p:plain:w300


関連先として取引先などと紐つけることも可能です。
f:id:tyoshikawa1106:20170402181239p:plain:w300


メールのプレビュー機能も用意されています。
f:id:tyoshikawa1106:20170402181356p:plain

f:id:tyoshikawa1106:20170402181415p:plain:w300


その他下記のオプションが用意されています。

  • ファイル添付
  • 差し込み項目の挿入
  • テンプレートの挿入
  • クリア


メール送信を行うと次のメッセージが表示されます。
f:id:tyoshikawa1106:20170402181633p:plain


受信メールはこんな感じです。
f:id:tyoshikawa1106:20170402181855p:plain


Salesforce経由でメールを送信しても送信元のメールアカウントには送信履歴が残ります。(送信者側にはsalesforce.com経由と表示されます。)
f:id:tyoshikawa1106:20170402182235p:plain


この機能のすごいところは、Salesforceの活動履歴にメールの履歴を記録できることです。
f:id:tyoshikawa1106:20170402182539p:plain


詳細ページに移動すれば本文や添付ファイル、送信者と受信者などの情報にアクセスできます。
f:id:tyoshikawa1106:20170402182919p:plain


試してみた所、送信したメールへの返信は記録されませんでした。(さすがに認識できないか)


もちろん送信元のメールアカウント側ではやりとりできますので初回のメール送信のみSalesforceから送る形になると思います。それでも日付と宛先をSalesforce上に記録できるメリットが残ります。複数の営業担当者が同じ顧客に複数回メールを送ってしまうような問題回避にも繋がりそうです。

追記

リリースノートにメールの返信機能の記載がありました。返信できるということは受信もできると思います。今回ヘルプまでは確認していないのですが設定等あるみたいです。
f:id:tyoshikawa1106:20170402184139p:plain

リリースノート