読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tyoshikawa1106のブログ

- Force.com Developer Blog -

SFDC:Waveを使用した製品パイプラインダッシュボードの作成をやってみました

TrailheadのWaveを使用した製品パイプラインダッシュボードの作成をやってみました。

WaveにCSVファイルをアップロードする

サンプルデータのCSVファイルはTrailheadからダウンロードできます。
f:id:tyoshikawa1106:20161230115623p:plain


作成→データセットでアップロード画面を表示できます。
f:id:tyoshikawa1106:20161230120211p:plain


データソースを選択でCSVを選択。
f:id:tyoshikawa1106:20161230120236p:plain


先程のCSVファイルを指定してアップロードします。
f:id:tyoshikawa1106:20161230120406p:plain


ファイルサイズによっては少し時間がかかるかもしれません。
f:id:tyoshikawa1106:20161230120443p:plain


ホームでデータセットが作成されたことを確認できます。
f:id:tyoshikawa1106:20161230120524p:plain:w300


このデータセットをつかってダッシュボードを作成します。データセットをクリックすると新規レンズの画面が表示されます。これをカスタマイズします。
f:id:tyoshikawa1106:20161230121137p:plain


グループをクリックしてStage項目を選択。右側に条件ボタンがありますが、左側の項目名をクリックすると一気に設定できます。
f:id:tyoshikawa1106:20161230121239p:plain


グルーピング後のグラフはこのようになります。
f:id:tyoshikawa1106:20161230121411p:plain


画面右上のデザイナにクリップのアイコンを選択します。
f:id:tyoshikawa1106:20161230121504p:plain


すると新規ダッシュボード画面が表示されます。
f:id:tyoshikawa1106:20161230121529p:plain


Stage_1のステップが用意されているのでそれをクリックします。
f:id:tyoshikawa1106:20161230121641p:plain


Stage_1をドラッグ&ドロップで中央に配置するとデータセットで用意したグラフをダッシュボードに設置できます。
f:id:tyoshikawa1106:20161230121822p:plain


タイトルをつけると確認しやすくなります。
f:id:tyoshikawa1106:20161230124517p:plain


保存アイコンで設定内容を保存できます。
f:id:tyoshikawa1106:20161230124713p:plain


続いて地図グラフを表示します。Stage_1をクリックするとステップのコピーができます。
f:id:tyoshikawa1106:20161230125552p:plain

f:id:tyoshikawa1106:20161230125611p:plain


同じようにドラッグ&ドロップで配置してマップグラフとして表示します。
f:id:tyoshikawa1106:20161230130027p:plain


マップグラフではタイトルの指定の他にマップ種別も設定できます。
f:id:tyoshikawa1106:20161230130203p:plain

f:id:tyoshikawa1106:20161230130215p:plain:w300


最後にピラミットグラフを表示してみます。データセットでProductを基準に指定します。
f:id:tyoshikawa1106:20161230130720p:plain


基準を追加で合計→Pipeline Amount を指定します。
f:id:tyoshikawa1106:20161230130804p:plain


このように2つのグラフが表示されました。
f:id:tyoshikawa1106:20161230130828p:plain


歯車アイコンのオプションでソート順を変更できます。
f:id:tyoshikawa1106:20161230130913p:plain


デザイナにクリップでさきほどと同じようにダッシュボードに追加します。
f:id:tyoshikawa1106:20161230131135p:plain


チャートタイプでピラミットを指定します。
f:id:tyoshikawa1106:20161230131510p:plain


Left Axis and set the the title to Opportunities.というのは左軸のタイトルにOpportunitiesを指定するという意味でした。
f:id:tyoshikawa1106:20161230132232p:plain:w300


最後表示サイズなどを調整して見やすいようにします。
f:id:tyoshikawa1106:20161230131712p:plain


Waveを使用した製品パイプラインダッシュボードの作成はこんな感じでした。
f:id:tyoshikawa1106:20161230132402p:plain