読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tyoshikawa1106のブログ

- Force.com Developer Blog -

SFDC:レモネードスタンドアプリ開発をやってみました

salesforce.com Trailhead

Trailheadのレモネードスタンドアプリ開発をやってみました。

はじめに

Developer Edition組織を作成してLightning Experienceを有効化します。
f:id:tyoshikawa1106:20161229162233p:plain

アプリケーションとカスタムオブジェクトを作成する

設定からアプリケーションとカスタムオブジェクトを作成します。Salesforce Clasiccの設定にあるAdd Appボタンで作成します。
f:id:tyoshikawa1106:20161229162629p:plain

  • App: Lemonade Stand
  • Label: Flavor
  • Plural Label: Flavors

f:id:tyoshikawa1106:20161229162707p:plain


Lemonade Standアプリとカスタムオブジェクトを用意できました。
f:id:tyoshikawa1106:20161229162811p:plain


設定メニューからDrink Orderオブジェクトを追加します。

  • Label: Drink Order
  • Plural Label: Drink Orders
  • Object Name: Drink_Order
  • Record Name: Drink Order Name
  • Data Type: Auto Number
  • Display Format: ORDER-{0000}
  • Starting Number: 1
  • Under Optional Features, select Allow Reports
  • Click Save & New to save this object and start creating another one

f:id:tyoshikawa1106:20161229163120p:plain


もうひとつFulfillment Queueオブジェクトを作成します。

  • Label: Fulfillment Queue
  • Plural Label: Fulfillment Queues
  • Object Name: Fulfillment_Queue
  • Record Name: Fulfillment Queue Name
  • Data Type: Text
  • Under Optional Features, select Allow Reports

f:id:tyoshikawa1106:20161229163226p:plain


Drink OrderとFulfillment Queueのカスタムタブを作成します。
f:id:tyoshikawa1106:20161229163707p:plain


Lemonade Standアプリケーションのタブに表示します。
f:id:tyoshikawa1106:20161229163849p:plain


またアプリケーションの編集でShow in Lightning Experienceにチェックをつけます。
f:id:tyoshikawa1106:20161229163936p:plain


ここからはLightning Experienceで進めます。アプリケーションでLemonade Standを選択します。
f:id:tyoshikawa1106:20161229164222p:plain


先程作成したタブが表示されることを確認します。
f:id:tyoshikawa1106:20161229164338p:plain


Flavorタブでレモネードの味を登録します。

  • Flavor Name: Classic Lemonade
  • Flavor Name: Strawberry Lemonade
  • Flavor Name: Black Cherry

f:id:tyoshikawa1106:20161229164527p:plain


このように3つの味を登録しました。
f:id:tyoshikawa1106:20161229164615p:plain

カスタム項目の作成

Flavorオブジェクトに価格を登録するためのカスタム項目を追加します。

  • DataType: Currency
  • Field Label: Price
  • Field Name: Price
  • Length: 4
  • Decimal Places: 0

f:id:tyoshikawa1106:20161229170613p:plain


Drink Orderオブジェクトにも必要な項目を追加します。

  • DataType: Picklist
  • Field Label: Status
  • Field Name: Status
    • Placed
    • Completed
    • Cancelled
  • DataType: Number
  • Field Label: Quantity
  • Field Name: Quantity
  • Length: 2
  • Decimal Places: 0


その他参照関係と主従関係の項目を作成します。
f:id:tyoshikawa1106:20161229172731p:plain


Fulfillment Queueオブジェクトにもカスタム項目を作成します。作成するのは積み上げ集計項目です。
f:id:tyoshikawa1106:20161229173351p:plain


もうひとつ作ります。
f:id:tyoshikawa1106:20161229173454p:plain


2つの積み上げ集計項目を作成しました。
f:id:tyoshikawa1106:20161229173530p:plain

データの登録

カスタム項目を用意したのでデータの登録を行います。Flavorオブジェクトの価格に値を登録します。
f:id:tyoshikawa1106:20161229173656p:plain


Fulfillment Queueオブジェクトには下記2つのデータを登録します。

  • Classic Lemonade Queue
  • Black Cherry and Strawberry Lemonade Queue


こうなります。
f:id:tyoshikawa1106:20161229173853p:plain

数式で自動計算項目を作成

こんな感じ。
f:id:tyoshikawa1106:20161229181138p:plain

ステータス更新アクションを作成

こんな感じ。
f:id:tyoshikawa1106:20161229181458p:plain

ページレイアウトにアクション追加

こんな感じ。
f:id:tyoshikawa1106:20161229181707p:plain

Fulfillment Queueのページレイアウトをカスタマイズ

関連リストに必要な項目を追加します。
f:id:tyoshikawa1106:20161229181933p:plain

カスタムレポートタイプの作成

f:id:tyoshikawa1106:20161229182429p:plain

サンプルオーダーの作成

3件の顧客を登録します。

  • First Name: Juan
  • Last Name: Mendoza
  • First Name: Ayana
  • Last Name: Bello
  • First Name: Emily
  • Last Name: Washington

f:id:tyoshikawa1106:20161229182720p:plain


Ayana Belloにレモネードを販売します。まずは注文の受付です。

  • Contact: Ayana Bello
  • Quantity: 1
  • Flavor: Classic Lemonade
  • Fulfillment Queue: Classic Lemonade Queue

f:id:tyoshikawa1106:20161229183204p:plain


商品を渡した後、Order Completedアクションでステータスを更新します。
f:id:tyoshikawa1106:20161229183225p:plain


ステータスが更新されて、Ayana Belloにレモネードを販売できたことを記録に残せました。
f:id:tyoshikawa1106:20161229183305p:plain

販売記録はレポートで管理します。

・・・このあたりはもう普通につくるだけなのでTrailheadを確認するほうがわかりやすいです。。

f:id:tyoshikawa1106:20161230033023p:plain



これでレモネードスタンドアプリが形になりました。実際にはもっと便利になるようにいろいろカスタマイズしていくことになりますが、オブジェクトの作成からデータ登録、レポート&ダッシュボードの使い方を確認できたと思います。
f:id:tyoshikawa1106:20161230033138p:plain