読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tyoshikawa1106のブログ

- Force.com Developer Blog -

SFDC:レポート機能をつかった一覧表示とEXCEL出力

salesforce.com Report&Dashboard

Salesforceでは名刺交換した方の情報を取引先と取引先責任者のオブジェクトの登録して管理できます。
f:id:tyoshikawa1106:20161116205807p:plain


登録した情報を一覧表示したりEXCELファイルとして出力したい場合はレポート機能を使って簡単に対応できます。
f:id:tyoshikawa1106:20161116205943p:plain

取引先レポート作成の流れ

レポートタブの新規レポートボタンから作成できます。
f:id:tyoshikawa1106:20161116210129p:plain


はじめにレポートタイプを選択します。レポートタイプではレポート表示したいオブジェクトを選択します。今回は取引先の一覧表示を行なうので取引先を選択します。
f:id:tyoshikawa1106:20161116210329p:plain


表示したい項目はドラッグ&ドロップで入れ替えることができます。表示条件を指定することで特定の条件に絞って表示することができます。


レポートタイプを選択して作成ボタンをクリックすると次の画面が表示されます。
f:id:tyoshikawa1106:20161116210426p:plain


画面左上の保存ボタンをクリックすると作成したレポートを保存することができます。
f:id:tyoshikawa1106:20161116210711p:plain


最後にレポートを実行ボタンをクリックすると取引先一覧が表示されます。
f:id:tyoshikawa1106:20161116210824p:plain

取引先情報のEXCEL出力

レポートを作成したら詳細のエクスポートボタンをクリックするとEXCEL出力の画面が表示されます。
f:id:tyoshikawa1106:20161116211002p:plain


この画面で出力形式を指定してエクスポートボタンをクリックします。
f:id:tyoshikawa1106:20161116211047p:plain


これでxlsファイルとしてエクスポートされます。エクスポートしたファイルを開くとレポートで出力した情報が表示されることを確認できると思います。
f:id:tyoshikawa1106:20161116211229p:plain


エクスポートしたファイルを開く際に次の通知ポップアップが表示されると思いますが気にせず開いて大丈夫です。
f:id:tyoshikawa1106:20161116211310p:plain:w300


警告が気になる場合はエクスポートした内容をコピーして別の新規EXCELファイルに貼り付けて利用すれば解決すると思います。

取引先毎の取引先責任者の一覧表示

取引先毎に取引先責任者の一覧を表示するレポートを作成したいときは、レポートタイプで「取引先責任者と取引先」を選択します。
f:id:tyoshikawa1106:20161116211555p:plain


すると取引先と取引先責任者2つのオブジェクトの項目が選択できるようになります。
f:id:tyoshikawa1106:20161116211743p:plain


これで取引先と取引先責任者の情報を表示できましたが、このままだと取引先毎の取引先責任者という確認はやりずらいと思います。そこでレポート形式をサマリ形式に切り替えます。
f:id:tyoshikawa1106:20161116211953p:plain


これで特定の項目でグルーピングできるようになります。
f:id:tyoshikawa1106:20161116212049p:plain


ドラッグ&ドロップで取引先項目でグルーピングするようにします。
f:id:tyoshikawa1106:20161116212108p:plain


これで取引先毎の取引先責任者をわかりやすく表示できます。
f:id:tyoshikawa1106:20161116212327p:plain


サマリ形式のレポートもEXCEL出力することができますが、表示は表形式のときと同じようになります。
f:id:tyoshikawa1106:20161116212432p:plain



以上がレポート機能の基本的な使い方です。他にも便利な機能がたくさん用意されています。レポートの使い方はTrailheadでも学ぶことができます。