読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tyoshikawa1106のブログ

- Force.com Developer Blog -

SFDC:Force.com CLI -Metadata Exportの使い方

Force.com CLIの使い方、Export機能を使ったメタデータ情報の取得についてです。あまり情報の多くないForce.com CLIですが海外の人の書いたブログが公開されています。・・ということでこのブログで紹介されていた便利機能を試してみました。

f:id:tyoshikawa1106:20160706015351p:plain

Bob Buzzard Blog: Force CLI Part 2 - Extracting Metadata


Force.com CLIを使うには最初にログインします。

$ force login


Exportするには次のコマンドです。

$ force export


実行すると次のエラーが発生するかもしれません。metadataディレクトリが存在しないため発生するエラーです。

Not done yet: Queued Will check again in five seconds.
Not done yet: InProgress Will check again in five seconds.
Not done yet: InProgress Will check again in five seconds.
Not done yet: InProgress Will check again in five seconds.
Not done yet: InProgress Will check again in five seconds.
Not done yet: InProgress Will check again in five seconds.
Error obtaining root directory
ERROR: stat /Users/tyoshikawa1106/desktop/work/metadata: no such file or directory


実行前にmetadataディレクトリを用意しておきましょう。
f:id:tyoshikawa1106:20160706013417p:plain


正しく実行されると『Exported to metadata』と表示されます。
f:id:tyoshikawa1106:20160706013550p:plain


metadataフォルダの中を確認すると全メタデータを取得できています。
f:id:tyoshikawa1106:20160706013628p:plain:w200



アプリケーションやカスタム表示ラベル、ページレイアウトからオブジェクト情報、その他諸々のメタデータを取得できています。
f:id:tyoshikawa1106:20160706013852p:plain


zipコマンドを使えばExport後のmetadataフォルダをzip変換することもできるみたいです。

$ zip -r metadata > backup.zip

f:id:tyoshikawa1106:20160706014128p:plain


特定のメタデータのみExportすることも可能です。

$  force fetch -t <target>


使用例です。

$ force fetch -t Aura
$ force fetch -t Layout

f:id:tyoshikawa1106:20160706014846p:plain


Force.com IDEやMaventsMateの機能でExportするよりも短時間で実行できます。これでエクスポートした後、Gitでバージョン管理というような使い方をしたりできると思います。

関連記事