読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tyoshikawa1106のブログ

- Force.com Developer Blog -

SFDC:Salesforce1モバイルアプリのバージョン10.0

salesforce.com

2016年6月、Salesforce1モバイルアプリがバージョン10.0にアップデートされました。

f:id:tyoshikawa1106:20160618160551p:plain

Salesforce1 on the App Store

英語ですが更新内容はこんな感じ。

  • Offline Beta: Enables you to Create and Edit Records Offline. Ask your Admin to enable for your company
  • Dashboards Beta: Beautiful new interactive Dashboards on iPhone and iPad. Ask your Admin to enable for your company
  • You can now change the owner of records
  • Events: See 3 months in the future and select a Record Type when creating events
  • Authenticate with Certificates
  • Deploy custom authentication hosts via MDM
  • Ability to send outgoing emails with the new SalesforceIQ Inbox app instead of instead of the native Mail app
  • Take action directly on Approval push notifications on your iPhone, iPad and Apple Watch
  • Push notifications now display the full content
  • You can now upload images to Notes
  • We’ve labeled the Action Bar buttons to make them more descriptive
  • Knowledge Articles now appear in the navigation menu
  • Updated visual styling
  • Optimized for iPad Pro screen resolution
  • Performance Improvements
  • Bug Fixes
補足

iTunes Storeの方は日本語になっていました。
f:id:tyoshikawa1106:20160618165352p:plain


いくつかβ版機能も含まれていますが、オフライン機能など便利な機能がたくさん追加されているみたいです。ですが一番大きな変更はデザイン部分でした。


今までSalesforce1モバイルアプリはこんなデザインのアプリとなっていました。
f:id:tyoshikawa1106:20160618162604p:plain


バージョン10.0へのアップデートによりLightning Design Systemのスタイルが適用されて次のように変更されました。

iPad

f:id:tyoshikawa1106:20160618161557p:plain

iPhone

f:id:tyoshikawa1106:20160618161736p:plain:w150


この変更によりLightning Experienceと同じような見た目になっています。
f:id:tyoshikawa1106:20160618162737p:plain


どの端末からでも同じようなインターフェイスでSalesforceを利用できるようになっていくみたいです。


そもそもLightning Experienceとはひとつのプラットフォームで一貫したユーザエクスペリエンスを実現するために用意されたそうです。
f:id:tyoshikawa1106:20160618163741p:plain


だいぶ前に公開されていたものですが、この動画でそのあたりについて詳しく解説がされていました。


今回のバージョンアップでSalesforce1モバイルアプリがExperienceスタイルになったことで、「ひとつのプラットフォームで一貫したユーザエクスペリエンス」が実現されてきているみたいです。