読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tyoshikawa1106のブログ

- Force.com Developer Blog -

SFDC:モバイルアプリの開発環境構築 (ネイティブ Android 開発編)

Android アプリの作成コマンド

$ sudo npm install forcedroid -g
$ forcedroid create
native
MyTrailNative
TrailAndroidApps
com.mytrail.android
NO (Default)

Android Studioの準備
Installing the Android SDK | Android Developers


forcedroid プログラムでは、汎用コンシューマ ID とコールバック URI を使用してアプリケーションを作成します。アプリケーションを公開する前に、これらの設定を接続アプリケーション の値に置き換える必要があります。ここで、それを実行しましょう。

UTF-8 に準拠しているテキストエディタで、プロジェクトのターゲットディレクトリの \\res\values\bootconfig.xml を開きます。
remoteAccessConsumerKey の値を接続アプリケーション のコンシューマキーに置き換えます。
oauthRedirectURI の値を接続アプリケーション のコールバック URL に置き換えます。
f:id:tyoshikawa1106:20160309134715p:plain

  • Android Studioを起動してプロジェクトをインポート → TrailAndroidAppsフォルダを選択
    • [プロジェクトをインポート (Eclipse ADT、Gradle など)]
  • インポート時にSDKがインストールされていないエラーがでるかも → エラーメッセージのリンクから解決できる
  • 画面一番下にbuild中のバーが表示されてる。完了するとアプリを実行できる。
  • デバイスの選択など。デバイス新規作成も可能。

f:id:tyoshikawa1106:20160309140956p:plain


これでエミュレータを起動できました。
f:id:tyoshikawa1106:20160309141439p:plain

ログイン時に次のエラーがでた。接続アプリケーション周りの設定ができていないかも。
f:id:tyoshikawa1106:20160309141508p:plain:w200


一からやり直したら取引先責任者一覧を表示できました。
f:id:tyoshikawa1106:20160309143532p:plain

関連記事