読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tyoshikawa1106のブログ

- Force.com Developer Blog -

SFDC:Quick Force(Node)を試してみました

salesforce.com Heroku Force.com

海外のSalesforce Developerが公開してくれたQuick Force(Node)を試してみました。これを利用するとSalesforce APIをつかったNodeアプリの開発をローカル環境で行えるようになります。

f:id:tyoshikawa1106:20160115235401p:plain

Salesforce REST APIs – From Zero to Cloud to Local Dev in Minutes


GitHubページはこちら。

使い方

Quick Forceは次の手順で利用できます。
f:id:tyoshikawa1106:20160115235522p:plain

1. Herokuボタンで自分の環境にデプロイ

クリックひとつで自分のHeroku環境に用意できます。
f:id:tyoshikawa1106:20160115235621p:plain

2. アプリを起動

デプロイ後にアプリを起動すると次のようなページが表示されます。
f:id:tyoshikawa1106:20160115235645p:plain

3. 接続アプリケーションの作成

Salesforce組織の外からSalesforce APIを実行できるようにするために、接続アプリケーションの作成を行います。
f:id:tyoshikawa1106:20160115235742p:plain


基本情報に入力する内容は次のような感じです。
f:id:tyoshikawa1106:20160115235845p:plain


API (Oauth 設定の有効)は次のようにします。コールバックURLは用意したHerokuアプリのURLです。
f:id:tyoshikawa1106:20160115235920p:plain


ここからも確認できます。
f:id:tyoshikawa1106:20160116000120p:plain


残りの部分は特に入力する必要はありません。
f:id:tyoshikawa1106:20160116000139p:plain

4. コンシューマ鍵とコンシューマの秘密の確認

接続アプリケーションを作成するとコンシューマ鍵とコンシューマの秘密を取得できます。この情報をつかってHerokuアプリからSalesforceへの認証を行います。
f:id:tyoshikawa1106:20160116000326p:plain

5. コンシューマ鍵とコンシューマの秘密の登録

Herokuアプリに表示されているOpen your app’s settingsリンクをクリックします。
f:id:tyoshikawa1106:20160116000401p:plain


Herokuの設定画面が表示されます。
f:id:tyoshikawa1106:20160116000430p:plain


Reveal Config Varsボタンをクリックすると環境変数が入力できるようになります。ここに先程のコンシューマ鍵とコンシューマの秘密を登録します。
f:id:tyoshikawa1106:20160116000618p:plain


変数名はここで確認できます。
f:id:tyoshikawa1106:20160116000604p:plain


入力後はこのようになります。
f:id:tyoshikawa1106:20160116000514p:plain

6. Salesforceへの認証

設定後、ページを更新すると認証画面が表示されます。
f:id:tyoshikawa1106:20160116000814p:plain


正常に認証されるとSalesforce APIをつかった取引先一覧ページが表示されます。
f:id:tyoshikawa1106:20160116000906p:plain


これでHerokuからSalesforce APIを実行するところまで準備ができました。次はこれをローカルから実行できるように設定します。

7. Herokuアプリのコードをダウンロード

Herokuアプリのコードをダウンロードするために下記リンク先にアクセスします。
f:id:tyoshikawa1106:20160116001023p:plain

https://download-heroku-source.herokuapp.com/


するとHerokuの認証ページが表示されます。
f:id:tyoshikawa1106:20160116001118p:plain


認証作業を進めると
f:id:tyoshikawa1106:20160116001136p:plain


Download Heroku Sourceアプリが利用できるようになります。ここで今回のQuick Forceアプリを選択します。
f:id:tyoshikawa1106:20160116001204p:plain


これでコード一式がDownloadできます。
f:id:tyoshikawa1106:20160116001232p:plain


ファイルをDownloadしたら作業ディレクトリに移動しておきます。
f:id:tyoshikawa1106:20160116001256p:plain

8. Gulpファイルの実行

フォルダ内にGulpファイルが用意されています。これをダブルクリックで起動します。
f:id:tyoshikawa1106:20160116001400p:plain


ターミナルが起動していろいろ処理が実行されます。
f:id:tyoshikawa1106:20160116001414p:plain


実行後、Localhost:5000にアクセスします。(下記URLです。)

http://localhost:5000/


次の画面が表示されるはずです。
f:id:tyoshikawa1106:20160116001556p:plain

9. ローカル開発用に接続アプリケーションの設定を作成

最初の方でHerokuアプリからSalesforce APIを実行できるようにするため、接続アプリケーションを作成しましたが、今度はローカル環境から実行するために接続アプリケーションを作成します。
f:id:tyoshikawa1106:20160116001755p:plain

※基本設定内容は同じですが、コールバックURLはLocalhost:5000のURLになります。

10. Salesforceへの認証(ローカル環境用)

接続アプリケーションの設定が完了したら認証作業を行います。Herokuのときは設定ページから環境変数を登録しましたが、ローカル環境の場合は、『.env』ファイルを用意してそちらで環境変数を宣言します。
f:id:tyoshikawa1106:20160116002038p:plain

※変数に登録するのは接続アプリケーションの鍵と秘密の値です。


これで認証処理が実行できるようになります。
f:id:tyoshikawa1106:20160116002158p:plain


認証後、ページを更新するとローカル環境でSalesforce APIをつかったアプリが動作するようになります。
f:id:tyoshikawa1106:20160116002246p:plain


以上がQuick Forceを利用するための事前準備の流れです。これをベースに自分のアプリ開発を進めていけば良さそうです。ローカル環境でSalesforce APIが実行できるようになると開発がすごく楽になると思います。