読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tyoshikawa1106のブログ

- Force.com Developer Blog -

SFDC:Lightning Experienceの私の設定画面

salesforce.com Lightning Experience

Winter'16のPreRelease環境でLightning Experienceの設定画面について確認してみました。設定リンクですが、Salesforce Classic版の私の設定と同じ扱いになるみたいです。

f:id:tyoshikawa1106:20150914184017p:plain

設定画面のカテゴリ

以下のカテゴリが表示されています。

  • 私の個人情報
  • 表示とレイアウト
  • メール
  • Chatter
  • デスクトップアドオン
  • インポート

f:id:tyoshikawa1106:20150914184448p:plain:w200

アカウントログインアクセスの許可

代理ログイン設定の画面です。
f:id:tyoshikawa1106:20150914184753p:plain

ログイン履歴

ログイン履歴を確認する画面です。CSV出力機能も利用できます。
f:id:tyoshikawa1106:20150914185316p:plain

個人情報

個人情報編集画面です。詳細 / 住所 / 私の作業情報を編集できます。
f:id:tyoshikawa1106:20150914190609p:plain

外部システムの認証設定

外部システムの認証設定です。サードパーティシステムやその他の Salesforce 組織に対するユーザ認証を設定します。
f:id:tyoshikawa1106:20150914190949p:plain

承認者の設定

代理承認者やマネージャの設定ができます。
f:id:tyoshikawa1106:20150914191409p:plain

接続

OAuth 接続アプリケーションやサードパーティ取引先のリンクなどの確認ができます。
f:id:tyoshikawa1106:20150914191638p:plain

私のパスワード変更

パスワードを変更するための画面です。秘密の質問の回答もここで変更できます。
f:id:tyoshikawa1106:20150914192403p:plain

言語とタイムゾーン

言語とタイムゾーンを変更する画面です。
f:id:tyoshikawa1106:20150914192840p:plain

高度なユーザの詳細

ロールや権限セットの割り当てなどより詳細な情報を参照 / 編集ができます。
f:id:tyoshikawa1106:20150914194334p:plain


Salesforce Classic版の画面と同じで下の方にスクロールしていけば関連リストが表示されています。
f:id:tyoshikawa1106:20150914194448p:plain


この画面ではForce.com クイックアクセスメニューが表示できましたが、ここのリンクをクリックするとSalesforce Classic版の画面に遷移しました。

ページのカスタマイズ

ユーザ毎のページに表示する内容をカスタマイズできます。
f:id:tyoshikawa1106:20150914195358p:plain


ホームを選択しても何も出来ませんでしたが取引先などを選択すると編集画面が表示されました。
f:id:tyoshikawa1106:20150914195611p:plain

私のソーシャル取引先と取引先責任者

ソーシャル取引先と取引先責任者の設定ができます。
f:id:tyoshikawa1106:20150914195752p:plain

私のメール設定

Salesforce内からメール送信する際の送信元アドレスやBCCの設定ができます。
f:id:tyoshikawa1106:20150914200446p:plain

私の登録情報照会設定

取引先責任者の登録情報紹介機能の設定ができる画面です。
f:id:tyoshikawa1106:20150914200921p:plain

メール通知

Chatterのメール通知を設定できます。
f:id:tyoshikawa1106:20150914201126p:plain

私のフィード

作成したレコードの自動フォロー設定が可能です。
f:id:tyoshikawa1106:20150914201237p:plain

Force.com Connect Offline

Force.com Connect Offline 2.0のインストーラをダウンロードできます。
f:id:tyoshikawa1106:20150914201537p:plain

Salesforce for Outlook

Salesforce for Outlookのインストーラをダウンロードできます。
f:id:tyoshikawa1106:20150914202416p:plain

データインポートウィザード

データインポートウィザードを起動できます。
f:id:tyoshikawa1106:20150914203132p:plain


実際に起動したときの画面がこちら。隠れてる部分がありますが、フレーム内でスクロールできるようになっています。
f:id:tyoshikawa1106:20150914203340p:plain

私の取引先と取引先責任者をインポート

私の取引先と取引先責任者をインポートできます。
f:id:tyoshikawa1106:20150914203629p:plain


インポートプロセスを開始するとこのページに移動します。
f:id:tyoshikawa1106:20150914203710p:plain


ヘッダーメニューの設定リンクでできることはこんな感じです。雰囲気がちょっと違うだけで基本的には今までの私の設定でできることと違いはありませんでした。