読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tyoshikawa1106のブログ

- Force.com Developer Blog -

SFDC:Analytics Cloudを試してみました - Part1

f:id:tyoshikawa1106:20150911150141p:plain

Wave Analytics Trail | Salesforce Trailhead

TrailheadのメニューにAnalytics Cloudが追加されました。Getting Started with Surfing Your Wave Analyticsを覗いてみたところ、Analytics Cloudを試すことができる開発者向け組織を取得できるみたいです。

せっかくなのでこの開発者向け組織とTrailheadを見ながらAnalytics Cloudの使い方を確認してみました。

有効化

Analytics Cloudが使えるDE組織にSign Upすると、設定にAnalytics Cloudが追加されています。分析の有効化ボタンをクリックすると利用できるようになります。
f:id:tyoshikawa1106:20150911152550p:plain


有効化後に表示される画面がこちら。
f:id:tyoshikawa1106:20150911153554p:plain


ちなみにこのDE組織にはデモデータが初期登録されていました。自分で準備せずにすぐに動作確認ができるようになっています。
f:id:tyoshikawa1106:20150911152918p:plain


Analytics Cloudは以下の端末で利用できます。

  • PC
  • iPhoneとiPad
  • Apple Watch


有効化すると新しい設定メニューが追加されるようになります。
f:id:tyoshikawa1106:20150911154621p:plain

Waveにアクセス

はじめに"Start Surfing the Wave"アプリを有効化します。このアプリを利用すると動作化確認用の初期設定を自動で行ってくれます。


アプリの有効化は次のURLからです。

https://startsurfingthewave.herokuapp.com/actions/enablement

f:id:tyoshikawa1106:20150911155159p:plain


アプリを有効化した後はアプリケーションメニューに分析(Analytics)が追加されます。これは設定→アプリケーションでも確認できます。
f:id:tyoshikawa1106:20150911155453p:plain


分析を選択するとWaveのページが表示されました。
f:id:tyoshikawa1106:20150911155719p:plain


Waveのページから元のページに戻るときはヘッダーメニューから戻れそうです。
f:id:tyoshikawa1106:20150911160032p:plain

アクセス権の設定について

デフォルトでは各ユーザはAnalytics Cloudにアクセスできません。アクセスするには権限を追加する必要があります。権限の追加は権限セットを使って行います。
f:id:tyoshikawa1106:20150911160516p:plain


"Start Surfing the Wave"アプリを有効化すると有効化したシステム管理者ユーザに権限セットなどが自動で割り当てられていました。
f:id:tyoshikawa1106:20150911160721p:plain


権限セットライセンスというのもでてきますが、これは設定→組織情報で確認できます。
f:id:tyoshikawa1106:20150911161032p:plain


"Start Surfing the Wave"アプリを使わずに自分で権限を追加する場合は手動で割り当て設定を行います。
f:id:tyoshikawa1106:20150911161539p:plain


一応プロファイル側で有効化できるか確認したところ、こちらからは設定できなさそうでした。

基本的な使い方

アプリケーションについて

Waveのページにアクセスすると2つのアプリケーションが表示されています。

  • 私の非公開アプリケーション (My Private App)
  • Shared App

f:id:tyoshikawa1106:20150911162438p:plain


自分だけで利用するアプリケーションと他のユーザと共有できるアプリケーションの二種類です。ここにダッシュボードなどを追加して利用していくみたいです。
f:id:tyoshikawa1106:20150911162726p:plain

データのインポートについて

Analytics CloudではSalesforce組織のデータをそのまま利用するのではなく、自分でインポートしてあげる必要があります。データのインポートする方法はいくつかありそうなのですが、1つの方法としてJSONファイルを使った方法がTrailheadで紹介されていました。次のURLリンクでサンプルファイルをダウンロードできます。

http://startsurfingthewave.herokuapp.com/trailhead_dataflow

ファイルの内容はこんな感じ。
f:id:tyoshikawa1106:20150911163205p:plain


ヘッダーメニューの歯車アイコンのデータ監視を選択して左上の選択リストからデータフロービューを選択するとインポート実行画面を表示できます。
f:id:tyoshikawa1106:20150911163616p:plain


アップロードはここからできました。
f:id:tyoshikawa1106:20150911163723p:plain:w300


メニューのアップロードを選択するとポップアップ表示されます。
f:id:tyoshikawa1106:20150911163817p:plain


ファイルを選択して実行してみたところ、サクッと完了しました。
f:id:tyoshikawa1106:20150911163915p:plain


今のはファイルのアップロードだけでインポートが実行されたわけではないみたいです。インポートの実行はメニューの開始を選択すれば良さそうです。
f:id:tyoshikawa1106:20150911164130p:plain:w300


開始を選択後、インポート処理が実行されました。画面から実行状況を確認できるようになっています。
f:id:tyoshikawa1106:20150911164251p:plain


実行状況は画面上側にあるリフレッシュアイコンをクリックすると更新されます。
f:id:tyoshikawa1106:20150911164417p:plain


すべて正常に実行されるとアイコンが緑色になりました。
f:id:tyoshikawa1106:20150911164449p:plain


これでインポート作業が完了となります。

アプリケーションの作成

インポートまで完了したので続いて新しいアプリケーション作成を試してみます。
f:id:tyoshikawa1106:20150911164742p:plain


右上の作成メニューでアプリケーションを選択するとポップアップが表示されます。
f:id:tyoshikawa1106:20150911164914p:plain


アプリケーション作成後は、アイコンや説明項目を編集することができました。
f:id:tyoshikawa1106:20150911165118p:plain

f:id:tyoshikawa1106:20150911165145p:plain:w300

データセットの追加

ホームに戻りデータセットを確認します。
f:id:tyoshikawa1106:20150911165416p:plain


マウスオーバーすると編集リンクが表示されます。
f:id:tyoshikawa1106:20150911165617p:plain


これをクリックするとデータセットのプロパティが表示されます。(編集リンクの外側も別ページへのリンクになっているので注意してください)
f:id:tyoshikawa1106:20150911165708p:plain


プロパティを表示したら対象のアプリケーションを選択します。
f:id:tyoshikawa1106:20150911165849p:plain:w300


変更後は画面右下の方にある更新ボタンをクリックします。
f:id:tyoshikawa1106:20150911165931p:plain:w300


反映まで少し時間がかかるみたいです。
f:id:tyoshikawa1106:20150911170004p:plain


今回の変更はすぐに反映され、アプリケーション内にデータセットが表示されました。
f:id:tyoshikawa1106:20150911170053p:plain


これで基本的な準備が完了したみたいです。