読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tyoshikawa1106のブログ

- Force.com Developer Blog -

SFDC:Trailheadの『Data Management』をやってみました

salesforce.com Trailhead

f:id:tyoshikawa1106:20150322235058p:plain

Trailhead『Data Management』をやってみました。

  • Importing Data
  • Exporting Data

Importing Data

f:id:tyoshikawa1106:20150322235411p:plain

  • Salesforceのにデータをインポートするためのさまざまなオプションを比較
  • インポート用データの準備に必要な手順をリスト
  • データインポートウィザードを使用してサンプル.csvファイルからデータをインポート
  • インポートのステータスを監視するためにインポートキューを使用

データインポートウィザード - このツールは、セットアップメニューを介してアクセス可能な、あなたがそのようなカスタムオブジェクト内の連絡先、リード、アカウント、機会だけでなく、データなどの一般的な標準オブジェクト内のデータを、インポートできます。それは時間50,000までのレコードをインポートすることができます。これは、設定パラメータ、データソース、とSalesforce内のフィールド名を使用して、インポートファイル内のフィールド名をマップフィールドマッピングを指定するには、シンプルなインターフェイスを提供します。

データローダ - これは、任意のデータ型の、いずれかのファイルやデータベース接続から、一度に5万レコードまでインポートすることができますクライアントアプリケーションです。これは、いずれかのユーザ·インターフェースまたはコマンド·ラインを介して操作することができる。後者のケースでは、構成ファイルを介してデータソース、フィールド·マッピングおよびその他のパラメータを指定する必要がある。これは、API呼び出しを使用して、インポートプロセスを自動化することが可能となる。

f:id:tyoshikawa1106:20150323001714p:plain

f:id:tyoshikawa1106:20150323001700p:plain

Exporting Data

f:id:tyoshikawa1106:20150323001904p:plain

  • Salesforceのデータをエクスポートする2つの方法を比較
  • エクスポートデータは、手動でデータエクスポートウィザードを使用
  • 毎週または毎月のスケジュール上のデータの自動エクスポートを設定


データのエクスポートウィザード
f:id:tyoshikawa1106:20150323002950p:plain

f:id:tyoshikawa1106:20150323003024p:plain


インポートウィザードとエクスポートウィザードの使い方を確認して完了
f:id:tyoshikawa1106:20150323003058p:plain