読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tyoshikawa1106のブログ

- Force.com Developer Blog -

SFDC:Salesforce Files Sync へのアクセス権のユーザへの付与方法について確認してみました

Salesforce Files SyncはDropboxやBoxなどのようなファイルストレージ機能です。これを利用するとSalesforceのファイルに簡単にアクセスしたり同期をとったりできます。


―――ということでSummer'14で有効化された新機能ですが、組織に対しての有効化とインストール方法を確認しただけで、ユーザのアクセス権周りがうまく設定できていなかったのでヘルプを見て確認してみました。


アクセス権が設定できていない場合のエラーメッセージ
f:id:tyoshikawa1106:20141201000135p:plain


前回確認した組織に対しての有効化とインストール方法はこちら

Salesforce Files Syncのヘルプ

今回はきちんとヘルプを確認したところ、次のヘルプが用意されていました。


前回設定できていなかったのは『Salesforce Files Sync へのアクセス権のユーザへの付与』の部分なので今回はそこを設定してみます。

プロファイルに対する Salesforce Files Sync の有効化

プロファイルに対して有効化したい場合は、システム管理者権限にあるファイルを同期にチェックをつけます。標準のシステム管理者プロファイルでも切り替えが可能でした。

f:id:tyoshikawa1106:20141201001531p:plain

権限セットを使用した Salesforce Files Sync へのアクセス権の付与

個別のユーザに対して有効化したい場合は、権限セットを使用します。

f:id:tyoshikawa1106:20141201003326p:plain


ファイルを同期にチェックをつければ有効化されます。

f:id:tyoshikawa1106:20141201003352p:plain


作成した権限セットをユーザに割り当てれば完了です。

f:id:tyoshikawa1106:20141201003450p:plain


Chatter Freeライセンスのユーザはプロファイルでファイルの同期権限は付与できない感じですが、権限セットの割り当てを使えば使用できそうです。

f:id:tyoshikawa1106:20141201003840p:plain


サポート対象のライセンス一覧には含まれていました。

f:id:tyoshikawa1106:20141201003933p:plain

サポートされているエディションおよびライセンス

追記

Chatter Freeライセンスではやっぱり利用できないみたいです。権限セット追加時にエラーが発生しました。

f:id:tyoshikawa1106:20141201021925p:plain

権限追加後の使用方法

ユーザに対して権限を追加するとバナーが表示されました。各ユーザはここから自分のPCにダウンロードできます。

f:id:tyoshikawa1106:20141201005054p:plain


有効化後にChatterファイルのメニューに『同期済み』という項目が追加されていました。Chatterファイルにアップされたファイルがすべて同期されるわけではなく、同期済みにアップしたファイルのみ同期がされるみたいです。

f:id:tyoshikawa1106:20141201005537p:plain


対象のファイルはこんな感じでドラッグ&ドロップで簡単にアップロードできます。

f:id:tyoshikawa1106:20141201005734j:plain


アップロード時に共有設定も可能になっています。

f:id:tyoshikawa1106:20141201010539p:plain


PCのSalesforce Filesフォルダを見てみるとバッチリ同期されています。

f:id:tyoshikawa1106:20141201010658p:plain


今すぐ同期したい場合はこんな感じでメニューが用意されています。

f:id:tyoshikawa1106:20141201010841p:plain:w300


同期を中止したい場合はファイル詳細ページの『同期を解除』でできるみたいです。

f:id:tyoshikawa1106:20141201010954p:plain


試しに詳細を編集からファイル名を変更してみたところ、そちらも反映されました。

f:id:tyoshikawa1106:20141201011220p:plain:w300

f:id:tyoshikawa1106:20141201011245p:plain:w300


これでSalesforce Files Sync機能が問題なく使用できるようになりました。Salesforceと連携できるファイルストレージ機能なのでいろいろ便利そうです。

利用履歴の管理

Salesforce Filesの利用履歴はログイン履歴で管理されるみたいです。アプリケーションが『Salesforce Files』になっているのでその項目で判別できます。

f:id:tyoshikawa1106:20141201012154p:plain


個々のユーザの使用状況はユーザ詳細ページのログイン履歴関連リストから確認できます。

f:id:tyoshikawa1106:20141201012549p:plain


ApexなどAPI を介して LoginHistoryオブジェクトにアクセスすることも可能みたいです。

Salesforce Files Sync ベストプラクティス

ユーザが退職したり、PCを紛失したときなどファイルの同期を無効にしたい場合もあります。その場合は、権限セットやプロファイルのファイル同期権限を無効にすることで対応が可能です。


ヘルプによると個々のユーザで無効にできるように、基本的には権限セットで同期権限を与えた方法良いとのことです。

f:id:tyoshikawa1106:20141201013029p:plain


これでSalesforce Files Sync機能の利用方法については一通り確認できたと思います。