読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tyoshikawa1106のブログ

- Force.com Developer Blog -

SFDC:Trailheadの『Understanding Custom & Standard Objects』をやってみました

Trailhead

f:id:tyoshikawa1106:20141110072613p:plain

Trailheadの『Understanding Custom & Standard Objects』をやってみました。今回はForce.comオブジェクトについてです。


『Learning Objectives』ということでだいたいこんな感じとのこと。

  • アプリ開発のためにForce.comオブジェクトの利点を説明してください。
  • 標準オブジェクトとカスタムオブジェクト間の違いを説明する。
  • オブジェクトが持つことができるカスタムフィールドの種類を一覧表示します。
  • オブジェクト間の関係の2種類を一覧表示します。


とりあえずやってみるとこんな感じでした。

  • 標準オブジェクトとカスタムカスタムオブジェクトをつくれるよ
  • 各レコードのURLはこんな感じだよ (15桁のIDの話)
  • システム項目はこれだけあるよ (作成日とか最終更新者とかSystemModStampとか)
  • Name項目の話 (テキストor自動採番)
  • カスタム項目の話 (各データ型について、Geolocationも記載がありました)
  • リレーション項目について (参照関係と主従関係)


あとは『Other Features of Objects』ということで共通で使える以下の話です。

  • Formulas : ワークフローの話
  • Validation : 入力規則の話
  • Triggers : トリガーの話
  • Labels : カスタム表示ラベルの話
  • Notes and Attachments : メモ&添付ファイルの話
  • Track Field History : 項目履歴の話
  • Security : たぶん項目レベルセキュリティの話


f:id:tyoshikawa1106:20141110074212p:plain