読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tyoshikawa1106のブログ

- Force.com Developer Blog -

Bitbucketの使い方を勉強しました

Bitbucket

f:id:tyoshikawa1106:20141031013606p:plain

ようやくGitHubの使い方を理解できたのでBitbucketについても勉強しました。基本的にはGitHubと同じような手順で使うことができました。

操作手順

はじめにリポジトリを作成します。作成ボタンから作成可能です。

f:id:tyoshikawa1106:20141031004519p:plain


GitHubと同じように名前とその他の必要事項を入力します。プログラミング言語を選択できるようになっていて、Apex言語もきちんと用意されています。

f:id:tyoshikawa1106:20141031004845p:plain


リポジトリ作成後の画面です。いろいろ表示されていますが画面中央より下にある『Command line』の『 私はゼロからスタートします』リンクをクリックします。

f:id:tyoshikawa1106:20141031005107p:plain


コマンドが表示されるのでこれを実行すればいいみたいです。

f:id:tyoshikawa1106:20141031005216p:plain

『git init』コマンド実行

git initコマンドでgit実行環境を準備します。『ls -la』コマンドで『.git』ファイルが作成されていることを確認できます。

f:id:tyoshikawa1106:20141031005734p:plain

『git remote add origin...』コマンドを実行

画面に表示されているコマンドをコピーして実行すればいいみたいです。実行すればSetup作業完了です。

f:id:tyoshikawa1106:20141031010010p:plain

『git add』コマンドを実行

必要なファイルをフォルダ内にいれて『git add』コマンドを実行します。この辺りはGitHubのときと同じみたいです。

f:id:tyoshikawa1106:20141031010449p:plain

『git commit』コマンドを実行

対象のファイルをコミットします。

f:id:tyoshikawa1106:20141031010716p:plain

『git push -u origin master』コマンド実行

git pushコマンドでコードをBitbucketにアップできます。途中パスワードを聞かれました。(ログインユーザのパスワードです。)

f:id:tyoshikawa1106:20141031011005p:plain


うまく実行できればこんな感じです。

f:id:tyoshikawa1106:20141031013352p:plain


Bitbucketの画面はこうなります。

f:id:tyoshikawa1106:20141031013437p:plain


サイドメニューのソースからソースコードを確認できます。

f:id:tyoshikawa1106:20141031013534p:plain


ひとまず基本的な操作の仕方はこんな感じでした。その他の機能の使い方も追々勉強しようと思います。