読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tyoshikawa1106のブログ

- Force.com Developer Blog -

SFDC:JavaScriptから簡単にSalesforceAPIを実行できるJSforceを試してみました

salesforce.com Force.com JSforce

JavaScriptから簡単にSalesforceAPIを実行できるJSforceが公開されました。すごく便利そうなのでDeveloper環境のVisualforceページを使って試してみました。

f:id:tyoshikawa1106:20140223171334p:plain

JSforce


JSforceはダウンロードページからJSファイルをダウンロードして静的リソースへアップロードするだけで簡単につかうことができます。

f:id:tyoshikawa1106:20140223171655p:plain


JSforceには次の3つのファイルが用意されているみたいです。

  • Development Version (非圧縮ファイル)
  • Production Version (圧縮ファイル)
  • Edge Version


この中から必要なファイルをダウンロードして静的リソースへアップします。
f:id:tyoshikawa1106:20140223172810p:plain

f:id:tyoshikawa1106:20140223172252p:plain


あとはVisualforceページでJSファイルを読み込むとJSforceでAPIを実行できます。こんな感じのコードで動作確認してみました。アラートで取引先の件数が表示されるのを確認できると思います。


それとAngularJSと組み合わせてこんな画面をつくってみました。

f:id:tyoshikawa1106:20140223173530p:plain

こんな感じのコードでAngularJSとJSforceを組み合わせて使うことができます。

JSforceをつかったVisualforceページの検索画面


ちなみにJSforceはSalesforceAPIをつかってクエリを実行したりしているのでプロファイルの「API の有効化」権限が必要になります。

f:id:tyoshikawa1106:20140223181819p:plain


権限のないユーザが利用しようとすると次のようにエラーとなります。

f:id:tyoshikawa1106:20140223174257p:plain


サイトのゲストユーザなど「API の有効化」権限をつけられないユーザが使用する機能かどうかの確認は忘れずにした方がよさそうです。


今回はREST APIによるクエリの実行しか試せていませんが、「Chatter API」や「Streaming API」など他にもいろいろなAPIがサポートされていました。

f:id:tyoshikawa1106:20140223174911p:plain


サンプルコードもあって使い方もわかりやすく説明が乗っているですごく勉強しやすそうです。

f:id:tyoshikawa1106:20140223175052p:plain


今度他のAPIも試してみたいと思います。