読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tyoshikawa1106のブログ

- Force.com Developer Blog -

Lightning

SFDC:Lightning Experienceのダッシュボード画面

Lightning Experienceのダッシュボード画面の使い方を確認してみました。個人的にダッシュボードの部分はけっこう違いがある気がします。 新規ダッシュボード 新しいダッシュボードを作成するときは、新規ダッシュボードボタンをクリックします。 新規ダッシ…

Heroku:Lightning Design System Getting Startedを試してみました

Ligtning Design SystemのサイトにHerokuとNode.jsを使ったGetting Startedページが追加されていたので、ちょっと確認してみました。 Lightning Design System Step 1: Initialize your project 一番最初にターミナルを起動して、作業ディレクトリに移動して…

SFDC:Lightning Design SystemのDesign Tokensについて確認してみました

気がついたらバージョン「0.9.1」が公開されていたLightning Design Systemですが、Design Tokensというのが追加されていました。(他にもサイト内が全体的に更新されていました。) このDesign Tokensというページで開発に役立つスタイル情報を確認できるみた…

SFDC:Lightning Experienceの取引先責任者画面

Lightning Experienceの取引先責任者画面を確認してみました。リストビューには取引先責任者専用の機能は特に無いみたいです。 詳細ページ 取引先責任者の詳細ページはこのようになっています。 この取引先責任者専用の機能としてはメールの送信とソーシャル…

SFDC:Lightning Experienceの取引先画面

Lightning Experienceの取引先画面を確認してみました。最初のリストビューで利用できる取引先専用機能は特にありませんでした。 詳細画面 Webサイトを表示 取引先に登録してるWebサイトを別タブで表示することができます。 関連 関連タブではAccountインサ…

SFDC:Lightning Experienceのメモ画面

Lightning Experienceのメモ画面について確認してみました。EvernoteやGoogle Keepみたいな感じで利用できそうです。 ビュー ビューで表示できたのは最近参照したデータだけでした。 新規作成ボタンをクリックすると右下の部分で登録できるようになりました…

SFDC:Lightning Experienceのファイル画面

Lightning Experienceのファイル画面を確認してみました。 ビュー 表示条件を変更できます。 ファイルのアップロード ファイルのアップロードボタンをクリックするとファイル選択画面が表示されます。 ファイルのプレビュー ファイル名のリンクをクリックす…

SFDC:Lightning ExperienceのToDo画面

Lightning ExperienceのToDo画面を確認してみました。 ビュー機能 表示するToDoの絞込ができます。 ToDoの完了 チェックボックスにチェックをつけるとステータスを完了に更新できます。 新規ToDo 新規ToDoボタンをクリックすると新しいToDoの作成画面が表示…

SFDC:Lightning Experienceのリード画面

Lightning Experienceのリード画面を確認してみました。 リストビュー 最初に表示されるリストビューで使えるリード専用の機能としては、取引の開始アクションがあります。 選択すると次のように入力画面が表示されます。必要事項を入力して取引の開始ボタン…

SFDC:Lightning Experienceの商談画面

Lightning Experienceの商談画面を確認してみました。サイドメニューの商談を選択すると表示できます。 リストビュー画面 最初に表示されるのはこの画面です。今までと同じようにビューをつかったレコード表示の切替が可能となっています。ビューの検索もで…

SFDC:Lightning Experienceのホーム画面

Lightning Experienceのホーム画面の使い方を確認してみました。この画面では以下の情報にアクセスできます。 四半期パフォーマンス アシスタント Account インサイト 最近のレコード 最も重要な商談 四半期パフォーマンス 商談の進捗状況を四半期毎に確認で…

SFDC:Lightning Experienceの設定のホーム画面

Lightning Experienceの歯車アイコンの設定のホームリンクで表示できる画面について確認してみました。 設定のホーム 設定のホームの画面では、以下の情報にアクセスできます。 Lightning Experience Salesforce1を設定 Appexchange オブジェクトを探索 Sale…

SFDC:Lightning Experienceのプロファイル画面

Lightning Experienceのプロファイル画面を確認してみました。 詳細ページ プロファイルのリンクをクリックすると自分の個人情報やChatterフィードを確認できます。 フィードの確認はページを下の方にスクロールすると表示されています。 プロファイルページ…

SFDC:Lightning Experienceの私の設定画面

Winter'16のPreRelease環境でLightning Experienceの設定画面について確認してみました。設定リンクですが、Salesforce Classic版の私の設定と同じ扱いになるみたいです。 設定画面のカテゴリ 以下のカテゴリが表示されています。 私の個人情報 表示とレイア…

SFDC:Lightning Experienceのヘッダーメニュー

前回、Lightning Experienceをさわってみたとき英語ユーザで試していたのですが、今回は日本語ユーザで確認してみました。日本語化するとLightning Desktopと表示されるみたいです。 ヘッダーメニュー アプリケーションランチャー ヘッダーメニューの下記ア…

SFDC:Lightning ComponentとSVGタグ

Lightning Design Systemで用意されている各コンポーネントではアイコンの表示などでsvgタグとuseタグ利用されていますが、通常VisualforceやLightningの開発ではsvgタグと一緒に利用されるuseタグが宣言できないようになっています。 ずっとそういうものな…

SFDC:TrailheadのLightning Design Systemをやってみました

TrailheadでLightning Design Systemをやってみました。 Understanding Key Principles behind the Design System Design Systemには以下のリソースが用意されています。 CSS framework Icons Font Design Tokens (色、フォント、間隔、サイズが変数で管理さ…

SFDC:Lightning Design Systemをさわってみました

Salesforceが新しく公開したCSS Framework、Lightning Design Systemをさわってみました。Lightning Experienceスタイルのページを開発するときに便利そうです。 Lightning Design System Topページの『Get Design System』ボタンをクリックするとダウンロー…

SFDC:Winter'16 Pre-Release環境で新機能『Lightning Experience』をさわってみました

Pre-Release環境がWinter'16にバージョンアップされました。このバージョンアップで『Lightning Experience』という新機能が追加されていました。 どんな機能かなとリリースノートを見てみたのですがWinter'16版はまだ公開されていないみたいです。 日本語化…

SFDC:Lightning Components Q&A Webinar [07/24]

LightningのQ&A Webinarを見てみました。 おなじみセーフハーバーです。 AppExchangeの紹介がありました。 Lightning Desktopです。 AppBuilderの画面です。それぞれがLightning Componentで作られていました。 途中コードについても・・・ Q&A Webinarは毎…

SFDC:Lightning開発とmainタグ

Lightning Applicationでサンプルコードを動かしてみようと思った時に次のエラーに遭遇しました。 Lightningの開発ではmainタグは利用できないみたいです。 これはたぶんVisualforceも同じだと思います。 Visualforceでは利用できました。 HTMLのmainタグに…

SFDC:Lightning開発のGlobalIDとCSSについて

CSSにはIDを指定する方法やclassを指定する方法など、対象を指定する方法が複数あります。Lightning Componentを開発するときも.THISをつけることで対象IDにスタイルを指定することが可能です。 ただし、aura:idのようなLocalIDと違い通常のID属性を指定する…

SFDC:Lightning開発のLabelと特殊文字について

Visualforce開発で利用できるapex:outputTextタグでは"&"はただの文字列として扱われましたが、Lightning Component開発の場合は、通常のHTMLのルールと同様に特殊文字として扱われます。 そのため"&"を表示したい場合は"&"というように記載する必要があ…

SFDC:Created Lightning Component Sample Code

Hello, Salesforce Developers!! I'm created Lightning Component Sample Code. It was packaged. I've prepared five sample code. Lightning SkillChecker Lightning NavigationBar Lightning TaskSorter Lightning ChartView Lightning Google Book Sear…

Salesforce DUG Japan Meetup #9 に参加しました

6月30日に開催されたSalesforce DUG Japan Meetup #9 に参加しました。Summer'15の新機能についてとHerokuについての話を聞くことができました。Salesforce DUG Meetup #9 自分もLightning Componentの新機能についてLTをやらせてもらいました。発表資料はこ…

SFDC:Lightning Components Q&A Webinar [06-26]

6月26日にLightning Components Q&A Webinarがあったので見てみました。Webinarでは「ltng:require」,「aura-ng」,「ltng:locker」と3つのタグについても紹介がありました。 ltng:require 一度だけJavaScriptとCSSの両方の意味を読み込みます 順序の保証 ラ…

SFDC:Lightning開発『getElement』の使い方

JavaScriptではdocument.getElementByIdという感じで要素ノードを取得できますが、Lightningでは同様の処理を実行できる『getElement』が用意されています。書き方としてはこんな感じです。 console.log(component.find('auraId').getElement()); 取得結果で…

SFDC:LightningのafterScriptsLoadedと要素取得について

Lightning Componentのltng:requireタグで利用できるafterScriptsLoadedと要素取得のcomponent.findについてです。 この組み合わせの処理を試していた時、Salesforce1の"pull to Refresh"による画面リフレッシュ時にエラーが発生しました。 エラー原因を調査…

SFDC:Lighitng Componentの複数設置で意識すること

Lighitng Componentの複数設置で意識することについてです。ひとつのコンポーネントで完結するような機能の場合は特に注意することはありませんが、Lightning Eventでの連携が発生するコンポーネントの場合、複数設置は注意が必要です。 次のように同じコン…

SFDC:AuraEnabledアノテーション宣言時に忘れてはいけないこと

Lighting開発でApexを呼び出して実行したい場合は、@AuraEnabledを宣言する必要があります。@AuraEnabledを宣言したメソッドですが、『static』の宣言も必要になります。 うっかり宣言を忘れると次のようにエラーとなってしまいます。

SFDC:Lightning開発とExceptionエラー

通常、Apexクラスでtry-catchを行わずにExceptonエラーが発生すると次のようになります。 LightningからApex処理を実行したときにはどのようになるか確認してみました。 Lightningの場合は、Exceptionエラーメッセージが画面に表示されることはないみたいで…

SFDC:Lightning開発『CSSクラス』の追加とグローバルID

Lightning Componentの開発では『$A.util.addClass』と『$A.util.removeClass』でCSSのクラスを追加したり除外したりといったことが可能になっています。 <div aura:id="changeIt">Change Me!</div><br />({ applyCSS: function(cmp, event) { var el = cmp.find('changeIt'); $A.util.addClass(e…

SFDC:Lightning Componentとカスタム表示ラベル

Lightning コンポーネントでのカスタム表示ラベルの使用 Summer'15のバージョンアップでカスタム表示ラベルをLightning Componentで使用できるようになります。これでトランスレーションワークベンチを利用した多言語化対応が可能になりました。 リリースノ…

SFDC:Lightning開発『aura:handler』でシステムイベント取得

aura:handlerを利用すると特定のタイミングでイベントを実行できます。例えば初期処理の場合は、『aura:handler name="init"』という感じです。 Lightning Componentで作成したアプリをSalesforce1上で使用した場合、Pull to Requestの機能を利用できます。(…

SFDC:Lightning Weather Componentを試してみました

Salesforce Developers Blogで紹介されていたLightning Weather Componentを試してみました。Creating a Lightning Weather Component - Developer Relations Lightning Weather ComponentはBlog内で未管理パッケージとして公開されています。 パッケージイ…

SFDC:Lightning開発『implements』の宣言

Lightning ComponentをLightning AppBuilderやSalesforce1モバイル内で使用するには、『implements』を宣言する必要があります。 implements="flexipage:availableForAllPageTypes" Lightning AppBuilderで使用する場合です。 implements="force:appHostable…

SFDC:Lightning開発『ui:inputText』と『keyup』イベント

Lightningで用意されているui:inputTextですが、onKeyupイベントのサポートはないみたいです。 ui:inputTextでonKeyupイベントを使いたい場合の対応方法について海外のSalesforce DeveloperでPeter Knolleという方がブログで紹介してくれていました。Lightni…

SFDC:Lightning開発と戻り値ラッパークラス

Lightning ComponentからApexクラスの処理を実行したとき、戻り値にsObject型を利用することができます。 console.logでデバッグしてみるとレコードの情報が正しく取得できていることを確認できます。 ところが、自作したラッパークラスを戻り値として返すと…

SFDC:Lightning Component & IonIcons を試してみました

Ionicons: The premium icon font for Ionic Framework Lightning ComponentとIonIconsの組み合わせを試してみました。IonIconsを利用すると便利なアイコンフォントを簡単に表示することができます。CDNも用意されていますが、静的リソースに問題なくアップ…

SFDC:Lightning Component & Sweet Alertを試してみました

SweetAlert Sweet AlertはJavaScriptのalert表示をお手軽にカッコよくしてくれるライブラリです。jQueryを使わず、JavaScriptとCSSを読み込むだけで利用できます。 以前、VisualforceとSalesforce1モバイルアプリの組み合わせで動作することを確認できていた…

SFDC:Lightning開発で使える『新しい empty() 式の関数』を試してみました

新しい empty() 式の関数 Summer'15のリリースノート日本語版が公開されたのでLightningの新機能周りを確認してみました。新しい empty() 式の関数ということで追加機能が紹介されていたので、Summer'15 Pre-Releaseの環境を使って確認してみました。 こんな…

Lightning Component もくもく会 #2 に参加しました

Lightning Component もくもく会 #2 に参加してLTやらせてもらいました。スライドはこちらです。 Lightning開発のポイント from Taiki Yoshikawa 開発のポイントというタイトルはちょっといいのが思いつかなくてとりあえずつけてみた感じです。Lightning Com…

SFDC:Lightning Componentとガバナ制限

Lightning Componentですが、VisualforceページのreadOnly的な宣言が無さそうでした。readOnlyがないということは大量件数の表示を行いたい場合どうするのかなと気になったので、ちょっと確認してみました。 Lightningでは通常の上限1000件を超えてレコード…

SFDC:Lightning Connectのチュートリアルを試してみました

Salesforce Lightning コネクトチュートリアル Lightning ConnectはSAPなどの外部データをコードを書かずに、かつSalesforce組織にコピーせずにアクセスできるようにしてくれる連携ツールです。Lightning Developer Weekで紹介されたチュートリアルサイトで…

SFDC:Lightning プロセスビルダー入門を見てみました

Salesforceをもっと使い倒そうシリーズでLightning プロセスビルダー入門が公開されていたので見てみました。プロセスビルダーの概要と使い方が説明されています。 シナリオ 商談のフェーズが完了に更新されたタイミングで、契約レコードの作成とChatterグル…

SFDC:Lightning ComponentとApp Builderについて

Lightning ComponentをApp Builderで使用する方法について確認してみました。Lightning ComponentはApp Builderの『Custom』のメニューに表示されます。 AppBuilderで使用するときは『implements="flexipage:availableForAllPageTypes"』の宣言が必要です。 …

SFDC:AppBuilderでVisualforceページの表示を試してみました

AppBuilderでVisualforceページの表示を試してみました。AppBuilderで使用するにはモバイルで使用可にチェックをつけている必要があるみたいです。 対象のVisualforceは選択リストで指定できます。内容のプレビューも表示されるみたいです。 実際に表示して…

SFDC:Summer'15のApp Builderを使ってLightning Pagesを作成してみました

Summer'15 Pre-Release環境で最新版のAppBuliderが利用できるようになっていたので、どんなことができるか確認してみました。設定のLightning アプリケーションビルダーから新規作成画面を表示できるようになっています。 ステップ1 ステップ2 ステップ3 App…

Creating a Salesforce Lightning Map Componentを試してみました

Salesforce Developers BlogのCreating a Salesforce Lightning Map Componentを試してみました。Lightningで地図表示する機能のサンプルコードと確認手順がまとめられています。 Creating a Salesforce Lightning Map Component - Developer Relations Step…

SFDC:AppExchange & Lightning Components

AppExchangeのサイトは日本語サイトと英語サイトが用意されていますが、英語サイトの方ではLightning ComponentsのAppExchangeアプリが公開されています。 AppExchange - Lightning Components Lightning Componentsで開発されたアプリは次のようにマークが…